2011年08月07日

おいでプロジェクト近況

今月は「家族」をテーマにお届けしているロハスサンデー。


今、わたしは香川県のまんのう町という小さな町で
福島からやってきた3家族と一緒に、
ワイワイがやがや共同生活をしています。

以前、番組でもお伝えした「おいでプロジェクト」というもので
放射能汚染から少しでも離れたところに、
夏休みの間だけでも子どもたちに来て欲しいと言う一心でやっていて、
福島市や川俣町で今も生活している人たちに
期間限定で来て頂いています。

なるべく玄米中心のヘルシーなご飯を一緒に作ったり、
子どもたちが安心して暮らせる社会を作るために、
わたしたち大人は何をすればいいんだろう
ということを常に一緒に考えながら、暮らしています。

お母さんたちの話を聞くと、すごく深刻で、
線量があまりにも高すぎて、外遊びさせられないとか
水も野菜も、現地のものをとるわけにいかないので困っているなど、
本当に何気ないことが出来ないという
いきどおり、異常性を感じているとのこと。    

とにかく子どもたちは元気!
1歳〜7歳のちびっこたち6人が
朝から虫かごと網もって、田んぼの中を分け入ったり
プールや公園でくたくたになるまで遊んだりとか
3月11日以来、
思いっきり外遊びを出来なかった子ども達ばかりなので
すっかり解放されて、子どもらしくのびのび遊んでいます。
   

この「おいでプロジェクト」
すごい勢いで広がっていまして、今、福岡でも始まりました。
福島からやってくる人たちの交通費ぐらい負担してあげたいと思って
支援金もお願いしているんですけど、サポートして頂いた方には
西日本の新鮮なお野菜を箱詰めにしてお届けする、
という特典もつけています。

こうやって家を提供できる人はするし、お金を出せる人は出すし
わたしのようにプロジェクトを企画したり、
発信できる人はするっていうように
福島に関係のある人もない人も
みんなが一つの大きなファミリーのような気持ちになって
今、日本が団結していく時なんじゃないか、と思っています。

そのファミリーの真ん中にあるのは、
「平和」だったり「子どもの未来」だったりすると思いますが
もっと大きな意味での家族、地球市民の一員という気持ちで
暮らせて行けたらと思ってます。

おいでプロジェクト

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/52788

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー