2011年07月24日

時間をはずした日

今日は、7月25日が、マヤ歴で言う、
「時間を外した日」とされていることについてご紹介しました。

マヤ暦は、9世紀〜10世紀頃、
南米のジャングルの中に巨大なピラミッドを
作ったマヤ人が作ったカレンダーで、
彼らは非常に優れた天文学知識を持っていた、ということで有名。

マヤ歴は、月が太陽の周りを一年間で13回まわることから、
「13の月の暦」というふうにも言われているんですが、
私たちが使っている「12の月」のグレゴリオ暦のちょうど
7月25日にあたるのが、マヤ歴では、大晦日となるわけです。

この日は、もっとも神聖な日とされていまして
この暦を今でも使っている世界各国の何十万人という人たちがお祝いをします。

「時間をはずした日」The Day out of timeということで、
自然に感謝したりとか、一年間あったことを振り返って、
また新年を始める決意をあらたにしたりとか、いつも以上に、
ゆったりと過ごしてみるということをするそうなんです。


マヤ歴についてもう一つ言うと、
2012年12月22日までしか記載が見あたらないんですね。
マヤ歴を信じている人の間では、
地球の終わり、何かの終焉を意味しているのではないか、
という説もささやかれています。

何を信じるかは別にして、
今こそもっとわたしたちの直感を頼りに
どんなライフスタイルを過ごして行ったらみんなが幸せになるのか、
真剣に考える時だと思いますし
どんなことがおこっても悔いなく、今日という日を大切に過ごしていく
そんなことを、ちょっと意識してみるきっかけにしてみると、
いいのかもしれません。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2011年07月17日

資金集めサイト

ウェブ上で新しい未来を作るためのプロジェクト資金を
集められる、という
「元気玉プロジェクト」をご紹介しました。

こちら、俳優の伊勢谷友介さんが代表をつとめる
リバースプロジェクトという団体が立ち上げたものなんですが、

こんな活動をして被災地を元気にしたい!という人と
そんな人を是非、資金面で応援したい!という人を
結びつけてしまうという試みなんです。

最近、話題になっている
「マイクロ・パトロン・プラットフォーム」というしくみで
マイクロ(少額)で、パトロン(支援)していこう、
みんなでプロジェクトを達成していこうという
素敵な取り組みなんですが

すでに三つプロジェクトが走り始めていて
ウェブ上で見ることができます

◯東北元気玉弁当プロジェクト
これ宮城県の農家さんを応援していこうと、地元の若者が立ち上げたプロジェクトで
すでに50人近くの方から、30万円ほど集めています
目標は60万円、集まった時点でプロジェクトが始まるしくみ


◯仮設住宅にみんなが集まる場所を作ろうという
「ちゃぶ台プロジェクト」
これもすでに20万円ほど集まってます
これは東京のクリエーターさんが立ち上げたプロジェクトで
被災地の方たちと一緒に物づくりをされています

◯わたしが立ち上げさせてもらった「おいでプロジェクト」

2000円から寄付を受け付けています。
金額によっては、四国の安心野菜を箱詰めにしてプレゼント!
という特典もついてきます。

パトロンの方々からメッセージも書き込めるようになっていて

「同じ子どもを持つ母親として支援します。」
「少しでも多くの子ども達が、楽しい夏休みを過ごせますように」
などのメッセージもいただいています。

おいでプロジェクト

こちら、まだまだ受け付けてます。
金額が多くなればなるほど、
呼べるお子さんたちの数もどんどん増えますので
関心もたれた方、是非とも、ご協力頂けたらと思います!


そして、元気玉プロジェクト、
このしくみを可能にしている、CAMP FIREという
マイクロ・パトロン・プラットフォームのサイトがあるんですけど、
これ、誰でもプロジェクトを思いついた人、
資金を必要としている人が利用して
賛同者をつのることが出来ます!

ネット上でつながった人たちとみんなでプロジェクトを達成していくという
これからのビジネスモデルや活動のあり方だと思います。
是非、みなさんも活用されてみてはいかがでしょうか?

LOHAS SUNDAYスタッフ| 05:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2011年07月10日

夏祭りに参加しよう!

梅雨も開けまして、いよいよ夏本番!ということで
今朝は、夏祭りについてピックアップしました。

日本の風物詩。
金魚すくい、わたあめなんかの縁日。盆踊り。
豪華なもの、素朴なもの、厳粛なもの、豪快なもの、、、
それぞれの地方の風土や、町の特色がにじみ出るのが祭り。

番組では、これから開催が予定されている
夏祭りをご紹介しました。

熊谷うちわ祭り
7月19日〜23日

▼ 東北三大祭り
青森 ねぶた祭り 8月2日〜7日
ねぶた、紙貼りの扇・人形・動物に火を灯して屋台や車に載せ練り歩く

秋田 竿燈まつり 8月3日〜6日
竿燈=竹を組んでちょうちんを吊るしたもの、高さ12m

仙台、七夕まつり 8月6日〜8日
豪華絢爛な笹飾り
竹を山から切ってきて、これに吹き流しを5本セットで飾るのが習わし。

盛岡 さんさ踊り  8月1日〜4日
世界一の太鼓パレード!魂が騒ぎだすリズム!

東北六魂祭 7月16日(土)、17日(日)
東北6県の夏祭り
青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、
山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり

野馬追 7月23日〜25日


Light Up Nippon 8月11日
3月11日から5ヶ月後にあたる、
8月11日に福島県いわきしや、
宮城県気仙沼市など東北の太平洋沿岸九カ所で
一斉に花火大会を開く
追悼の意味も込めるし、元気になって欲しい
街の方たちと一緒に作る花火イベント 


被災地の悲しみが想像をはるかに超えるものだとしても
生きて行くこと、生き続けることの先には、希望や喜びがある。

どのお祭りも花火大会も、今年は「復興と鎮魂」をテーマ。
普段いかない東北のお祭りに足をのばしてみては?

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2011年07月03日

J-WAVE Heart to Heart CARAVAN

昨日7月1日に、
J-WAVEの被災地支援プロジェクト、Heart to Heart で
石巻市の小学校に行ってきた模様をお届けしました。

Heart to Heart プロジェクト、物流会社のウインローダーさんと共同して
救援物資やボランティアの派遣おこなってきました。
昨日は、被災地のみなさんに楽しんでもらえる「休日」を
お届けするJ-WAVE Heart to Heart CARAVAN行って参りました。


場所は、宮城県石巻市の渡波小学校。
海から歩いて5分もかからない、被害が大きかったところで、
今でも200人の被災者の方たちが体育館で生活しています。
でも、前回、地震が発生して2週間後に行ったのですが、
今回3ヶ月経って見違えるほどでした。

私たちは、特に洋服のプレゼントしてきました。
4月のJ-WAVE xChangeや
5月の新宿御苑のロハスデザイン大賞で集めた服など、
みなさんご協力本当にありがとうございました!



特設ステージでは、J-WAVEらしく音楽のお届けもしてきました!
レイチェル・チャンさんとDJ TAROさんがナビゲーターとして駆けつけ、
Beautiful Hummingbirdは童謡を歌い、癒しを提供。
清水ミチコさんはものまねで、笑いを、
石井竜也さんは「つよくいきよう」という、
震災後に作った歌を披露しました。

会場となった渡波小学校ですが、
教室の一部屋が「プレイルーム」という
子どもたちの遊び場になっていて
たくさんの子どもたちが遊んでいたんですけど
ここでもう二ヶ月も、住み込みでボランティアとして関わっている
池田みどりさん(23歳)がいらっしゃいました。

このように、常時25人の方たちが、
炊き出しや物資整理などのボランティアに関わっていて、
本当に頭が下がります。

街が少しずつ綺麗になって行く、とか表面的な復興が終わっても
長期的でもっと深く心に届いて行く支援を
継続的にしていくことの大切さを感じて帰ってきました。
みんな現地にいこう!


LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ


バックナンバー