2011年06月05日

さぁ のはらへいこう!

今日は、「さぁ のはらへいこう!」という映画をご紹介しました。


この映画、神奈川県鎌倉市で
野山や海で子どもたちを遊ばせる
「なかよし会」という自主保育グループを
3年がかりで撮影したドキュメンタリー映画なんですが、

主役は、自然の中で元気に遊ぶ1歳〜3歳の子どもたち!
誰が教えたわけでもないのに、野山に自生する木の実に手を伸ばし
それをわかち合う、1歳児。
山登りが得意な子が、不得意な子を助ける2歳児。
取っ組み合いのケンカを自分たちで乗り越え仲良くなっていく三歳児。

それぞれの月齢に応じて、自然の中でのびのび個性を発揮させながら
たくましく育って行く子ども達の様子を描いています。

実は私もこの「なかよし会」
子どもが3歳の時に、一日体験させてもらったことがあるんですけれども、
普段から、なるべく子どものやりたいようにやらせてあげようとか、
口だししないようにしようと思っていても、
ついつい「やめなさい」とか「こうしたら」とか「手伝ってあげる」とか
手や口が出てしまうものなんですよね。

それがなかよし会にはルールがあて、「手は後ろ、口にチャック」
親や先生は一切、介入しない
例えば、目の前に川があったら、それをどう渡るのか。
水に入るのか、近くに橋を探すのか、、、
大人が言ってしまわないで、自分で考えさせる。
子どもの自主性を尊重して、見守る。


子どもたちが取っ組み合いのケンカをしていても、知らん顔
自分たちで乗り越えさせる、そうすることで仲間意識とか、
トラブルを克服する力もついてくる・・・

自然の中で、自分たちで考え、自分たちで工夫し、
自分たちで乗り越える、そういう力を育ててあげる。

今の社会、ついつい「ダメ」とか「こうしないさい」という教育が多い中、
この映画は、これからの教育、子どもとの向き合い方に関して
新たなヒントを与えてくれると思います。
子育て世代には、是非ともおすすめの映画です。

「さぁ のはらへいこう」
現在、ポレポレ東中野で公開中6月17日(金)
毎朝1回 10:30〜    
土曜日曜は、監督、出演者等による舞台挨拶を予定
日曜は「キッズデー」お子さま連れで気兼ねなくご覧いただけます。

「さぁ のはらへいこう」

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/51891

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー