2011年02月13日

ローチョコレートとは?

明日は2/14バレンタインデーということで
今朝は、ローフードなチョコレート、ローチョコレートについてお届けします。

私たちが普段食べている一般的なチョコレートは、
ローストされたカカオを高温で溶かし、
白砂糖、乳製品、保存料、添加物、カカオ以外の植物由来の油脂、香料など、
様々なもので薄められ作られています。
カカオはとても高価な為、そうやって薄まったチョコレートが
私たちの手の届くものとなったそうです

カカオをローストする事で、風味が良くなり、
天日乾燥よりも早く出荷できるというメリットがあるのですが
酵素、栄養素、そしてミラクルが破壊されて、ほとんどが失われてしまいます。

逆に今日ご紹介するローチョコレートは、
ローフードの考え方を元に作られていますので
凄く手間がかかるそうなのですが、
非常に高い栄養価とミラクルが生きている状態のチョコレートなんです。
食物が元々持っている酵素、栄養素、ミネラルなどを壊さない為
酵素が壊れるラインが48℃という事から、48℃以上の加熱をせず
オーガニック(無農薬)でホールフード(加工しない自然食品)な作られ方をしています。
要するに、一般のチョコレートが風味重視なのに対して、
このローチョコレートは栄養重視という事ですね。

カカオは全世界の全食べ物の中でトップ3に入ると言われる、
栄養価の非常に高い食べ物なんだそうで
入っている栄養素は、300種以上!
抗酸化性に非常に優れていて、マグネシウムの含有率が、
他の食べ物よりも高いほか、ビタミン、鉄分なども豊富!

そして、化学的見地で証明されているミラクルな要素が入っているそうです。
それは幸せ物質『アナンダミド』と
恋愛化学物質『フェネチルアミン』というもので、
『アナンダミド』は、脳に作用して幸せな感覚を呼び起こすという事で
鬱病にも効くと言われているそうです。
そして『フェネチルアミン』は、恋愛した時の恋する感覚を出すもの!
昔、王様が、媚薬として飲んでいたという事が
歴史上文書などに残されているそうです。
告白する時は、まずチョコレートを食べさせてから!?

CACAO%20MASIC.JPG

今日、番組の中でご紹介した
私、深澤里奈のお友達、ショコラティエでローフードシェフの
松田すみれさんが作ってくれた、ローチョコレート...
詳しくはコチラのサイトでチェックしてみて下さい♪

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/50044

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


バックナンバー