2010年11月14日

丹羽順子おすすめ温泉!

今週は、丹羽順子の独断と偏見、
温泉ランキング、トップ3!
第3位は・・・

スイス、ファルスという街にある、ホテル・セルメ

温泉というか、スパなんですが、
場所は、チューリッヒから列車とバスを乗り継ぎ
ため息が出るような、雄大な景色を眺めながら南へ3時間。
到着するのは、羊と牛だけが散在している
まさにアルプスの少女ハイジに出てくるような世界。
そんな山奥にたたずむホテル・セルメは、
あたりの風景には全くなじまない、
ミニマルで非常に洗練されたデザイン。

客室も本当に空間そのものがアートなんですけれども、
ここのウリはなんと言ってもスパで、
14℃〜42℃まで温度調整された
大小さまざなプールやマッサージ室、
読書室などが散らばっていて
ライティングも計算しつくされています。

水着を着て入るとか、体を洗う場所がないというのは
日本人の温泉感覚とはちょっと違うんですが、
スイスのホテル・セルメ、強力におすすめです。


第2位は・・・

山梨県のほったらかし温泉

こちらは、ラジオネーム<水玉>さんがくださった
情報なんですけれども、
日の出が見れる絶景のロケーションにあるということで、
どうしても行きたくなってしまって、
丹羽順子、行ってきました!

最高でしたね!
ほったらかし温泉というだけあって、
設備が整っているわけでもなく、受け付けにおじいちゃんが
ちょこんと座ってらっしゃる、という
かなり手作り感あふれる温泉。

空がまだ薄暗いうちから入りました。
そして富士山を望みながら、甲府盆地を見下ろしながら
今か今かと日の出を待っていたんですけれども、
山の稜線から、強烈な太陽、のぼってきました。
こうやって地球はゆっくりと回転していることを、温泉につかりながら
じんわりと感じられる、ほったらかし温泉です。


そして、堂々の1位は・・・

群馬県水上温泉郡の、宝川温泉!!

ここは、ご存知の方は納得!という場所ですよね。

宝川温泉。
広大な自然を見ながら入れる、超特大級の混浴の露天風呂。
各地の露天風呂の見本にもなっているお風呂なんだそうです。

なんといっても、とにかく広い!総面積は470畳。
混浴というと、女性はどうしても
人目を気にしがちになってしまうんですが
宝川温泉は、広いからか、心もゆったりと、
かなり開放された気持ちで家族みんなで、くつろげる。
浅いお風呂もあるので、
子どもも安心して入れるのも嬉しいですし、
いくつかの露天風呂をまわれるのも、魅力です。

そして入口から脱衣所に着くまでが
まるで「千と千尋の神隠し」の世界に
迷い込んだような空間を進んで行くんですが
民芸品が所狭しと積み上げられていたり、
なぜかクマが飼われていてエサをあげたりもできる
すごく不思議な空間になっています。


特におすすめなのが、紅葉の季節!ということで、
今しかありませんよ、みなさん!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/48318

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)