2010年05月30日

5月30日はゴ・ミ・ゼロの日!

greenbird.jpg

5月30日は、ゴ・ミ・ゼロの日!ということで、
green birdの活動、ご紹介しました!

ゴミ拾いも大事ですが、ポイ捨てしない人を育てる、
ポイ捨できない街をつくることも大事です!という話しが印象的でした。

今日じゃなくてもいいです、ぜひ、一度、
green birdの活動に参加してみてください!

green bird

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ2010

2010年05月30日

地球に負荷をかけない生活:エコビレッジ


エコビレッジ国際会議。
麹町にある、城西国際大学東京紀尾井町キャンパスで
28日(金)から三日間、開かれています。

エコビレッジっていうのは、
都会でも田舎でも、環境に負荷をなるべくかけないで、
お互いが支え合う暮らし方を目指したコミュニティのことです。

世界中には、大小さまざまなエコビレッジが
すでにたくさんあるんですが
そういう暮らし方を始めるための経験やノウハウを共有しようというのが
この「エコビレッジ国際会議」。
今年で4回目になります。

私も昨日、会場に行ってきました。
アメリカやインドやフィリピンや中国など
世界各国からゲストが来て
もちろん日本でも那須や富士宮など、イロイロな地域から
連日多彩なプログラムが開催されていました。
参加者も学生さんから国会議員さんや、
不動産会社の方とか様々で
会場の至るところでみんな話し込んで仲間を作っているという感じで
活気にあふれていました。

特にオーロヴィルという、私も前から注目していた
世界でも最大級のインドにあるエコビレッジ、
今回は、そこで暮らしていらっしゃる、
ビンドゥ・モハンティさんにお話を伺うことが出来ました。

オーロヴィルは、はじめ砂漠みたいな所だったんですが、
200万本の木を植えて始まったんですね。
今では、非常に緑の豊かな所です。
素敵なところは、色んな動植物と共に生きているということ。
スクーターで走っていると色んな小動物とかヘビなんかが、
道を横切りますが、のんびり彼らを待つことが、当たり前の生活です。
私の家は、セメントだと環境負荷がかかるので、
泥のブロックで建てられています。
移動は、電動スクーターですが、
充電は、全部ソーラーパネルで行なっています。

ビンドゥさん、すでに15年以上
オーロヴィルに住んでいらっしゃるそうですが
この1968年に何もない所から少しずつ作り上げた村。
今では、なんと43カ国から2000人の人が暮らすエコビレッジに発展。
村の中には、木工品とか陶器とか薬なんかを作る小さな工場があったり
科学技術センターもあって太陽熱や風車の実験をしていたり、
かなり完璧に近い形で展開されているエコビレッジなんですけれども、
1988年には独自の法律が作られて、インドの政府からも
自治地域として認められている。

もう一度、ビンドゥさんにエコビレッジの魅力について、伺いました。

一番素敵なのは、コミュニティというコンセプトそのもの。
例えば、家のドアを開けるとすぐ友達に会える、
同じ価値観を持ってる人に会えるということです。
もちろんオーロビルも完璧ではありません。
でもこの地球をもうちょっと良くしたいとか、
もっと幸せなイキイキとした暮らしをしたいというのは、
共有しているビジョンなんです。
ともすると街に住んでいると、味わえない連帯感が味わえる。
エコビレッジのような場所でみんなが同じビジョンを
共有しているということが住んでいて一番、
素晴らしいなと思うところです。

つながり合い、地球に負荷をかけないエコビレッジという暮らし方。
エコビレッジ国際会議、まだ間に合います。
今日も神奈川県藤野や千葉県鴨川、マウイ島の事例報告もあるそうです。

エコビレッジ国際会議

LOHAS SUNDAYスタッフ| 05:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2010年05月23日

心をこめていただきます。

昨日、5月22日は国連が定めた
「生物多様性の日」。
それにちなんで「生物多様性」についてお届けしました。

この言葉。
聞いたことある方も多くなってきているかもしれません。
今年10月、名古屋で生物多様性に関するとても重要な
国際会議が開かれるために、日本でも関心が高まってきてるんですね。

すごく簡単に言うと、
この地球上にはたくさんのバラエティに富む生き物が生息していて、
それぞれがつながり合って暮らしている、
未確認のものまで含めると、地球上の生き物は、
実に1000万種以上いると言われているんですけれども
それらが全て支え合ったり、微妙なバランスを保ったりして
様々な「いのち」が地球上に生息できているわけです。

例えば私たちの食べ物。
いろんな野菜や果物やコーヒー豆やお茶があります。
これももちろん植物、生き物なわけですけれども
世界中で食べられている植物だけでも、
実に8万種以上あると言われています。
多様性があるからこそ、
毎日違った食べ物が楽しめしるというわけなんです。

しかし今、ものすごいスピードで、生き物たちが姿を消しています。
だいたい7分に1種ぐらいが絶滅していると言われているんですけれども
その原因のほとんどは、人間の開発によるもの、と言われています。


じゃあ、開発をやめよう、経済活動をスローダウンしようというのは
なかなかすぐには難しいわけですけれども、
少しずつでも軌道修正していく必要があるのかもしれません。

そして一人一人がすぐにでも出来るアクションとして
私は毎食、ご飯の前に「いただきます」と心を込めて言うようにしています。

昨日も朝ご飯食べる前に、食卓に並んだものを数えたところ、
お米や、豆、ひじき、にんじん、しゅんぎく、しらす・・・
だいたい20種類ぐらいだったんですけど、
それらの命を支えている土の中の微生物とか小魚とかも合わせたら
多分100種類以上の生き物が、食卓を構成してくれている計算。

この命があるからこそ、私の命が今日も元気でいられると思うと
本当に感謝の気持ちがわき起こります。

だから「生物多様性」、
いろんな生き物の命の恩恵をこれからも受けて暮らして行くために、
まずは心を込めて、「いただきます」
命をいただきます!と、ご飯の前に行ってみませんか?

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2010年05月16日

ロハスデザイン大賞開催中!

今朝取り上げたのは、
ロハスデザイン大賞・新宿御苑展。

今年で開催5回目、初夏の恒例イベント。
ロハスなヒト、モノ、コトの各部門で合わせて120のノミネートを
新宿御苑の特設テントにずらっと展示してあります。
投票をして、大賞を決めるのは、あなたです。


例えば、モノ部門では、ネパールの学生さんが開発したと言う、
なんと人間の髪の毛で動くソーラーパーネルがあり、
コト部門は、「アール・ブリュット」—知的障害をもつ日本の作家の
非常に芸術性の高いアート作品の展示プロジェクト。

何しろ見ているだけで色んなアイデアがわいてきます。
とっても面白いです。

他にも、「チャレンジ25ハウス」という自然エネルギーを楽しむエコハウスが
出現していたりとか、


(↑↑↑↑ステージの後ろにあるのが、エコハウスです!)

世界ナンバーワンの性能を誇る「東海チャレンジャー号」という
ものすごくかっこいいソーラーカーの展示ですとか、
私がオーガナイズ手がけています、オシャレな古着の交換会xChange!など
未来の暮らしを見て、触れて、感じるしかけが満載のイベントです。


昨日は、LOHAS SUNDAYスペシャルライブもやりました!

東田トモヒロさんと


D.Wニコルズのライブ、盛り上がりました。

今日も午後1時から、「羊毛とおはな」ほのぼのアコースティックライブ
楽しませてくれます。
新宿御苑の入園料200円かかりますが、
ロハスデザイン大賞、全てのコンテンツはフリーで楽しめます。
お天気のよい日曜日!
是非、ロハスなあれこれ感じに
都会のオアシス、新宿御苑。遊びにいらして下さい!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2010年05月09日

地球に感謝!

今日の、母の日にちなんで「Mother Earth」についてお伝えしました。

マザーアースって,言う言葉、聞いた事ありますか?
直訳すると、母なる地球、母なる大地。

地球は、人間に例えるならば、お母さん。
全ての命をクリエイトしている、命の源が地球なんだ、
だから私たちは、同じお母さんを持つ、兄弟なんだ
っていう考え方なんですね。

もともとは、アメリカのネイティブ・アメリカンのチェロキー族が
何万年も前から、語り継いで来た教えなんだそうです。
人間だけじゃなく、植物や動物も地球があってこそ命があるもの。

◯ネイティブ・アメリカンはこんなことも言っています。

母なる地球から、いつも恵みをもらうだけではいけない。
地球にも恩返しとして、感謝の気持ちを捧げなくてはいけない。
感謝の気持ちを忘れた時、嵐や竜巻や洪水が起こるかもしれない。
」と。

今の地球のいろんな異変っていうのは、
母なる地球が、怒っている、
私たち子供を母親が戒めているという風にも思えてしまいます。

そこで、いまいちど、Mother Earth、母なる地球に
ちゃんと敬意をはらおうということで、なんと南米ボリビアでは
「母なる地球省」(Ministry of Mother Earth)が
作られることになったんだそう。

経済活動よりも最優先して、母なる地球を考えて行く、という
ボリビアのモラレス大統領(南米では初の先住民族大統領)の
アイデアだそうです。

今日は母の日。
私たち人間がこうして「母の日」という特別な日をもうけて
お母さんに感謝の気持ちを忘れずに表そうというのと同じように
私たちを生み、支えてくれている母なる地球に感謝の気持ちをもって
いつも過ごしていきたいですよね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

2010年05月02日

上海万博レポート!

0502_amin.jpg

今朝は上海万博の開幕コンサートに出演したaminさんに上海万博の様子を伺いました!
aminさんが歌う上海万博応援ソング「海を越えるバトン」もよろしくお願いします〜♪

amin 公式サイト

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ2010

2010年05月02日

裸足で生活してみよう!

みなさんは、裸足で生活することってありますか?

私が裸足っていいなぁって実感したのは
今年3月にハワイに行った時。
私がビジットした場所は、街の半分ぐらいの人は
どこに行くのも、バスに乗るのも街中のスーパーに行くのも
普通に靴をはいてない、ヒッピータウンでした。

私も現地の人と同じように裸足で生活してみたんですけれども、
これが実に気持ちいいんですねー!
足の裏が常に刺激されていて、
無料の足ツボマッサージを受けてるような
イタ気持ちいい感覚っていうのもそうなんですけど
いつも体の一部が大地とダイレクトにつながってるっていう感じが、
大好きになって、裸足がやみつきになってしまいました。

裸足は何故いいのか。調べてみると、ちゃんと根拠がありました。
まず土踏まずですが、これって、生まれつきあるものじゃなくて
歩くことによって少しずつ骨がアーチ状になって出来上がるものらしいんです。
土踏まずがあることで、
足の裏に力が入って転びにくくなるそう。

ところが今の子どもたちは、
昔とくらべて裸足でいる機会が減っているので
小学校までに土踏まずが完成していない子が、3割もいるそうなんです。
だから転んで、足の骨を折ったりする子も増えているということなんですね。

さらに、高校生の90%以上は腰痛をかかえているそうなんですけど、
これも裸足で生活する機会が減ったことと関係していると、
言われています。

ですから、お子さんがいらっしゃる方。
小さいうちからなるべくはだしで過ごす習慣をつけさせることが
健康で丈夫な体作りにつながる、と言えそうですよ。

足は第二の心臓とも言われます。
くつの中に押し込んでばかりいないで、
たまには開放してあげて喜ばせてあげる!
そして、じかに大地を踏みしめて、地球を感じる。
自分の健康をケアしながら、地球の健康を体験する。
はだしこそ、まさにロハスなアクションだと思います!

ただ、アスファルトの上を長距離歩くと、
かえって足に負担をかけてしまいます。
歩くなら舗装されていない自然の道を選んで下さいね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ


バックナンバー