2010年04月11日

野草を食べよう!

今日のテーマは、「野草」。
野草の中でも、「食べられる野草」にクローズアップしてお届けしました。

野草と言うのは
野原や山に自生している、つまり勝手に生えてる「野生の草」のこと。
春に食べられるものは、たくさんありますが、
「せり」、「のびる」、「山ウド」、「たんぽぽ」、
「よもぎ」、「フキノトウ」、「ドクダミ」など。。。

春は、寒い冬を越して、
強い生命力をたくわえた野草がいっぱいのまさに楽しめる季節!
ということで、私もこの間、野草摘みウォークに行ってきました!
鎌倉で詳しい方に案内してもらったんですが、
まず驚くのは、至るところに食べられる野草が、
たくさん生えているということなんです。


例えば「カラスノエンドウ」という、
丸い可愛らしい葉っぱがいっぱいついた野草があるんですけど
これなんて、道路脇のちっちゃな草むらとか空き地に、びっしり生えています。

あとは、のびる。葉っぱが細長い形をしていて、土の下は、
にんにくのような実がなっている野草ですけど、
これも畑の畦道や、土手などにあります。

あとはセリやたんぽぽなど、今まで雑草だと思っていた草が
実は美味しく食べられるんだっていうことが分かって、
草むらが野菜畑に見えてくる、目からウロコの野草摘みウォークでした。

とった野草は、家で美味しく調理し、
カラスノエンドウは卵とじにしたり、
のびるは天ぷら、
セリは、油揚げといためた後に、おそばのつゆにして頂く
という食べ方で、ほろ苦さがもう最高!
この日は1円もかけない野草ディナーで、
すごく盛り上がった我が家の食卓でした。

野草の苦みは、冬、カラダにたまってしまった毒素を出してくれたり、
眠っていた神経を呼び覚ましてくれたりする、酵素成分なんだそうです。

野草図鑑片手に、みなさんも春のお散歩楽しみながら、
野草摘み出かけてみませんか?
野草ライフ、生活の中に是非取り入れてみて下さい♪

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:今日のロハトピ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/43609

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)