2009年12月20日

野菜で冷え対策!

1220lohatopi.jpg

冷え性というのは簡単に言うと血行不良で、手や足の先の血の巡りが悪くなっているということ。女性の2人に1人は冷え性と言われています。放っておくと肩こり、腰痛、肌荒れなど、色々な症状につながります。

また、暖房の設定温度を高くしても空気が温まるだけで身体の芯の冷えはなかなか取れません。CO2はたくさん出すし、空気が乾燥して喉を痛めたり、肌荒れの原因にも。
そこで、取り組みたいのは、食べ物からの冷え対策。

食材には身体を温めるものと冷やすものがあります。簡単に見分ける方法は暑い地域や季節にとれるものは身体を冷やすものが多いんです。野菜で言えば、トマトやキュウリ、レタスなど水分の多い夏野菜やオレンジ、バナナといった果物。野菜を食べなきゃと言って、この時期に生野菜ばかり食べていると冷えてしまいます。

逆に身体を温めるのは、秋から冬に出回るイモ類や大根、カブといった根菜類や、しょうが、にんにくなどの香味野菜。他にも、クルミや松の実、ゴマなどの種子類や胡椒や山椒、唐辛子など香辛料をうまく使うのも効果的です。

飲み物の中で、私がオススメしたいのは「ジンジャーティ」。熱い紅茶に生姜の絞り汁を入れ、身体を冷やす白砂糖ではなく、ハチミツやきび砂糖で甘みをプラスします。もう1つは「梅醤番茶」。種をとった梅干し1個を湯呑に入れてつぶし、醤油小さじ1杯、生姜の絞り汁少々を加えて番茶を注ぎ、よくかき混ぜます。すぐに冷え性が改善される、という訳にはいきませんが、日々の積み重ねで少しずつ良くなってくるので是非、試してみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年12月19日

女子の願いを叶えてくれる場所?


女子の願いをひとつだけ叶えてくれる場所があるそうです。
男子はダメなの??はい、女子だけです。
明日・日曜朝のLOHAS SUNDAY、6時半からのコーナー
「LOHAS DESIGN & GOODS」で、ソトコトの指出副編集長が
早起きしたあなたにだけ、こっそり教えてくれますよ。

プレゼントも満載です!
番組で作ったお米「LOHAS SUNDAY米」をクリスマスパッケージで。
番組内でメッセージをご紹介した方にもれなくプレゼント!
さらに、水道水をより美味しく!「クリンスイの最新ポット型浄水器」を
3名様に差し上げます。メッセージテーマは「クリスマスの過ごし方」。
ぜひご参加を。

放送作家・小山薫堂さん、元ギャル社長・藤田志穂さんも登場!
千葉ロッテの渡辺俊介投手からのコメントも届きます。
いい日曜日のスタートにLOHAS SUNDAY!
日曜朝6時から9時、ちょっと早起きしてぜひ聞いてください。

091220.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 10:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

2009年12月13日

COP15現地レポート!

デンマーク コペンハーゲンに電話をつないで、COP15について、ニールセン北村朋子さんにお話を伺いました。
コペンハーゲンのメトロやストリートには「アクションを起こすなら今!」「私たちの理想の地球像」など様々なポスターやバナーが出ており、盛り上がりを見せているとのこと。
そして、肝心の会議は、先進国と途上国の溝が埋まらず、前途多難なようで、議長国のデンマークも困っている様子だそう。
後半のハイレベル会合に向け、アメリカ、中国、インドの言動に注目が集まります。

●ニールセン北村朋子さん「ロラン島のエコチャレンジ」

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

2009年12月13日

植物工場について

1213_lohatopi.jpg

経済産業省主催の『植物工場』に関するフォーラムに参加してきました。
植物工場とは、施設内の光や温度といった環境条件を人工的にコントロールすることによって、野菜などの植物を季節に関係なく生産するシステムで、『野菜工場』とも呼ばれています。

現在、全国で20〜30の『植物工場』が事業展開されているそうで、厳密にいうと工場には2種類あるんだとか。
まずは、「完全制御型」。蛍光灯やLEDといった人工光のみを使うもの。
もう1つは、「太陽光併用型」。太陽光で足りない分を人工光で補うもの。
どちらも自然条件の制約が少ないので、一定の野菜を、決められた時間で、決められた量を安定して栽培できます。
例えば、リーフレタスといった葉物野菜は20毛作、1年に20回も収穫することができるそうです。

様々なメリットデメリットがありますが、研究もかなり進んでいて、葉物野菜やハーブだけでなく、トマトやじゃがいも、枝豆の栽培も可能だそう。
気になる味も今回は「ほうれん草」「小松菜」などを試食させていただきましたが、言われなければ気がつかないくらい力強いかったです。

経済産業省・植物工場

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年12月06日

エコプロダクツ2009 情報!

1206WATCH.gif

12月10日木曜日から12日土曜日まで、東京ビックサイトにて行われる、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2009」について、日本経済新聞社の西村瑠衣さんにお話を伺いました。

11回目となる今年は、721の企業・団体が出展。「問い直せ、日本の力 ソーシャルパワー元年」をテーマに掲げ、先進的な日本の環境技術を有効活用することを提案するとのこと。

詳しくは「エコプロダクツ2009」のホームページをご覧下さい。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

2009年12月06日

トマトのお話

1206tomato.jpg

夏野菜の代表のトマトですが、実は旬が2回があるんです!
夏から秋に収穫する「夏秋トマト」と秋から冬に収穫する「秋冬トマト」。
夏秋トマトは気温が高いので輸送する時にどうしても熟しすぎてしまったり、やわらかくなりすぎたり。
青いうちに収穫して売るまでに追熟させるそうなんです。
しかし、秋冬トマトは樹の上で真っ赤に熟してから収穫するため、うまみやお栄養価が高いんです。

そろそろ鍋シーズン到来!ですが、今年は、なんといっても「トマト鍋」が大人気。
お勧めの作り方は、ニンニクを炒めてホールトマトと鶏スープを加えるというもの。
鶏スープは、骨付きのぶつ切りや手羽先など、いろんな部位を長ねぎと生姜と一緒に煮込んでください。
丁寧にあくさえ取ればとても簡単にできあがります。
そして、このトマトと鶏スープのベースにさらにトマト、そしてキャベツや白菜、キノコ類など冷蔵庫にある野菜はもちろんお肉や魚介、好きな具材を煮込んでいくだけ。
しめは、うどんでもリゾットでも。チーズを入れるとさらにおいしいです。
ちなみに、具材に使うトマトは、何でもOKですが、オススメは「シシリアンルージュ」。
コクがあって余計な水分が出ないので加熱調理に向いているのでトマト鍋にぴったりです。
今年の冬は、野菜たっぷりのトマト鍋、是非、試してみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵


バックナンバー