2009年11月08日

富山で出会った秋の味覚

富山県の入善町に行ってきました。
入善町は、富山県の北東部に位置し、北アルプスと立山連峰を望むとても自然豊かなところ。
黒部峡谷から黒部川が流れ、その水は全国名水百水にも選ばれています。
水がきれいなのでお米もおいしいし、20kgもあるジャンボすいかやチューリップが特産品。
4年前に食育基本法ができて、富山県は全国でもいち早く食育に取り組み始めた町です。

昨日は、入善町が毎年、行っている「食育健康フェスタ」でした。
地元の小学生の食育の取組みの発表や、骨密度や血管年齢を簡単にチェックできるコーナーが設けられていましたが、私はトークショーと地元の野菜を使ったクッキング講座を開設。
旬の「さつまいも」をくり抜いて作るグラタンと富山県産のお米で作った麺で野菜がたっぷり入ったフォーをつくりました。

そして、2月に入善町の農家の女性たちのグループと一緒に作った「海洋深層水を使ったお味噌」が食べ頃に。
蒸した大豆とコシヒカリから作った麹と塩を混ぜて、海層深層水を加えながら練っていく、すべて地元の材料を使って、添加物を使わないお味噌。
海層深層水をつかっているのでカビが生えにくくて味がまろやかなんだそう。
自分が仕込んだお味噌で、野菜たっぷりの味噌汁を作るのが今から楽しみです。

1108_lohatopi.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/39544

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)