2009年10月18日

リンガーハットの野菜の国産化とは?

1018_01.jpg

今朝は、長崎ちゃんぽんでお馴染みの「リンガーハット」が取り組んでいる「野菜の国産化」について、ご紹介しました。

今月から、「リンガーハット」は、1年間で必要な野菜、およそ1万2400トンを全国15道県、40の生産地の農家から調達し、安心・安全な野菜をたっぷり使った美味しいメニューの提供をはじめました。

従来の外国産の野菜は、外国で加工し、冷凍されたものがほんどだったそうですが、現在は、土がついたような状態で自社工場に入荷され、そこで加工と品質管理を行い、毎日、店舗へ食材をデイリー配送するという、システムを確立しています。

国産の野菜を応援する気持ちもこめて、「リンガーハット」の長崎ちゃんぽん、ぜひ、食べてください!今月からスタートした、国産野菜を480グラムも使用した「野菜たっぷりちゃんぽん」もオススメです。

リンガーハット

1018_02.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/38892

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)