2009年07月12日

ファームエンタテイメントとは?

調布にある「遠藤農園」で農作業をしてきました。
朝9時に畑に集合して、まずは3月から土づくりをして4月に種を播いた野菜たちの最後の収穫作業。
トマト、きゅうり、なす、とうもろこし…普段スーパーで見る野菜とは違う、形は悪いけれど力強い野菜たち。
30cm位あるきゅうりや傷のあるトマト、私たち人間だって背が高い人、痩せている人がいるように、野菜にだって個性や特徴があって当然。
そして、収穫が終わって、少し休ませていた畑を耕してにんじんの種播きをして、ブロッコリーの種を播いた部分に虫よけのネットを張りました。

これは日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が、この6月から始めた「ファームエンタテイメント」というプロジェクトの一環。
農業体験は野菜ソムリエの資格を持っている人や一般の方が6月、7月の2ヶ月間、週1回畑で農作業をして、楽しみながら農業を学ぶものです。

第1回目の今回は14名が参加。
陽射しはそんなに強くないものの、気温が高くて作業は大変。
虫も多くて作業に熱中していると顔を刺されることも。
でも土をいじり、野菜たちと触れ合うことは本当に楽しくて、参加している人たちはみんな笑顔でした。

「遠藤農園」の遠藤さんにお話をうかがったところ、きちんと収穫できる状態に育てるには、草取り、保護のための支柱たてやネット張りなどの作業、病原菌との戦いの繰り返し。
14年間農業をしている遠藤さんでさえも日々発見や驚きがあるんだそう。
暑さや雨、風など天候の影響も受けながら、日々作物を観察して対処していく必要がある。
そして、さらに売れる作物にするのはすごく大変なこと。
そんなふうにお話してくださいました。

9月からは第二弾も始まるので興味のある方は是非、参加してみてください。

ファームエンタテイメント

090712_1.jpg


090712_2.jpg

090712_3.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/35994

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)