2009年07月05日

ロハスなラーメン店「雲南米線」!

yunnanbeisen01.jpg

今朝、ご紹介したのは、四谷三丁目駅から徒歩2分、外苑東通り沿いにある『雲南米線』というラーメン店。

稲作の発祥の地と言われている中国 雲南省は、お米の麺「米線」が、朝・昼・夜と食べられてるほど人気だそうで、そういった中国の食文化に見習って、日本のお米でラーメンを作ったのが『雲南米線』です。

また、お店では、食料の輸送距離を意味する「フードマイレージ」を100グラムのCO2を「1ポコ」としてメニューに表示。
店内で「鶏肉とキノコの米線」を食べた場合、アメリカ産小麦を使ったラーメンだと、2.32ポコのCO2が排出されますが、秋田県産の米線を使ったラーメンだと、0.3ポコに押さえられることから、メニューに「2ポコ」と表示されていました。

そして、気になるラーメンの味は、、、あっさり系。
スープは、地鶏や雲南ハム、干し貝柱、漢方などで仕上げた化学調味料無添加の薬膳スープ。
麺がツルツルなので、スープが絡みにくいかなー?と思ったら、しっかり絡んでました。

栄養バランスが良く!フードマイレージが低い!
さらに、お米の消費拡大に貢献できるラーメン、ぜひ、お試しください!

yunnanbeisen03.jpg

●雲南米線
新宿区左門町13-2小田ビル1階
http://www.yunnanbeisen.com

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/35776

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)