2009年05月10日

フリマ報告会♪

先週の土曜日と日曜日、「J-WAVE フリーマーケット」が開催されました。
ロハスサンデーは、番組終わりで出店させていただいたんですが、「今朝、聞いてきました。」とか「この間プレゼント当たりました!」とか声をかけていただいてとってもうれしかったです。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。

そして今年は、リサイクル、リユースのNPOや団体の出店の出店がありました。
まずは『ケータイゴリラ』。
初めてこの名前を聞いたときは、ゴリラの形をしたエコグッズかなと思ってしまったんですが、私たちにとって生活必需品である携帯電話に使われているレアメタルの1つ、タンタルを採掘するためにアフリカのジャングルが荒らされていて、そこに住むマウンテンゴリラが犠牲になってきたという事実があります。
今、次々に新しい機種が発売されていて、まだ使えるのに新しい携帯に買い替えたことがある方も多いと思います。どのように処分をされるのかよくわからないし、データが読み取られたりしないのかなどの不安もあって、それまで使っていた携帯を家に持ち帰り、引き出しにしまったままにでした。
今回は自分のと父のと2つ持っていきましたが、書類にサインして、専用の機械を使って電源のボタンに自分の手で穴を開けるので、お世話になった携帯の最後を見届けられるし、係の方とお話もできるので安心してお願いできました。
2日間で807台の携帯電話を回収したそうです。

さらにもう1つ。履かなくなった子どもの靴を回収していたのが『スマイルアフリカプロジェクト』。
私たちは当たりまえのように毎日靴を履いているけれど、アフリカには裸足で生活している子供たちがたくさんいます。
裸足でいるためにけがをして、その傷から菌が入って健康を害する子供たちがいます。これはアフリカの子どもたちが日本の子どもたちと同じように思いっきり走ったり、スポーツをしたりできるように、みなさんの家にあるサイズの合わなくなった靴を届けるプロジェクトです。
こちらは2日間で777足の靴を回収することができたそうです。

家にある自分にとっては不要なものを必要な人の譲って使ってもらう…フリーマーケット自体エコなアクションだけれど、遠く離れた国に住む方たちとのつながりも感じられるそんな1日でした。

●『ケータイゴリラ』の様子

20090510_LOHATOPI_01.JPG
※自宅から持参した携帯電話(不要品)を受付に提出し、参加します!のサインをします。

20090510_LOHATOPI_02.JPG
※持参した携帯電話(不要品)はこのように・・・

20090510_LOHATOPI_03.JPG
※穴開け機のようなものを使って携帯電話の電源部分に、ガチコーン!と穴を開けます。

20090510_LOHATOPI_04.JPG
※電源の入らなくなった携帯電話(不要品)。マウンテンゴリラも喜んでくれている?

ケータイゴリラは、寄付だけでなく、携帯電話リサイクルもできて、一石二鳥!
夏フェスやエコイベントで出展することが多々ありますので、みなさんもぜひ、参加してみてください。

詳しくは、『ケータイゴリラ』のホームページをご覧ください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/34049

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)