2009年05月31日

LOHAS SUNDAY米 2009

今年のLOHAS SUNDAY米は千葉県の香取市でつくることになりました。
千葉県は気候が温暖で、生産高が全国1位の食材が20品目もある農林水産県。
香取市はそんな千葉県の北東部にあり、茨城県との県堺に接しています。
また、LOHAS SUNDAY米を作っている田んぼは佐原という地域にあり、東西に利根川が流れていて水資源の豊かなところです。

そして、昨日、都立大学のお米屋さん「スズノブ」の西島さんと一緒にこちらの田んぼを見に行ってきました!
第一印象はとにかく広い!田園風景がどこまでも広がっているという感じ。
風がかなり強かったのですが、5月2日に田植えをした稲は西島さん曰くしっかり根付いているとのことでした。

LOHAS SUNDAY米2009の品種はコシヒカリ。
コシヒカリというと、甘みが強くて粘り気がというイメージがありますが、この地域でとれるお米はあっさりとしていて食べやすいのが特徴とのこと。
まだ身体が目覚めていない朝に食べても胃にもたれない。ずっと食べても食べ飽きない味なのだそうです。
味噌汁や梅干。野菜のおかず等に合うお米‥朝ごはんをしっかり食べる、日本の伝統食を見直すということにもぴったりです。
そしてなにより、東京のお隣りの千葉県のお米ということでフードマイレージも低い!
今年のLOHAS SUNDAY米はまさにLOHASなお米になりそうです。

090531_1.jpg
左から西島さん、王さん、今回ロハスサンデー米を育ててくれる香取市認定農家の宮本興一さん。

090531_2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/34702

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)