2009年05月31日

LOHAS SUNDAY米 2009

今年のLOHAS SUNDAY米は千葉県の香取市でつくることになりました。
千葉県は気候が温暖で、生産高が全国1位の食材が20品目もある農林水産県。
香取市はそんな千葉県の北東部にあり、茨城県との県堺に接しています。
また、LOHAS SUNDAY米を作っている田んぼは佐原という地域にあり、東西に利根川が流れていて水資源の豊かなところです。

そして、昨日、都立大学のお米屋さん「スズノブ」の西島さんと一緒にこちらの田んぼを見に行ってきました!
第一印象はとにかく広い!田園風景がどこまでも広がっているという感じ。
風がかなり強かったのですが、5月2日に田植えをした稲は西島さん曰くしっかり根付いているとのことでした。

LOHAS SUNDAY米2009の品種はコシヒカリ。
コシヒカリというと、甘みが強くて粘り気がというイメージがありますが、この地域でとれるお米はあっさりとしていて食べやすいのが特徴とのこと。
まだ身体が目覚めていない朝に食べても胃にもたれない。ずっと食べても食べ飽きない味なのだそうです。
味噌汁や梅干。野菜のおかず等に合うお米‥朝ごはんをしっかり食べる、日本の伝統食を見直すということにもぴったりです。
そしてなにより、東京のお隣りの千葉県のお米ということでフードマイレージも低い!
今年のLOHAS SUNDAY米はまさにLOHASなお米になりそうです。

090531_1.jpg
左から西島さん、王さん、今回ロハスサンデー米を育ててくれる香取市認定農家の宮本興一さん。

090531_2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月27日

芽が出ました!

自由が丘商店街のみなさんと育てているロハサンゴーヤ。
種をまいて2週間・・・・・ついに、芽が出ました!!!

20090526_goya.JPG

カワイイですね〜♪

ロハサンゴーヤは自由が丘駅の正面口改札を出て左側にある電話ボックス付近です。
自由が丘にお出かけの際はぜひ、チェックしてみてくださいね。

自由が丘商店街振興組合

LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:GROW GREEN PROJECT 2009

2009年05月24日

種まきしてきました!

20090519_LOHAS_goya03.jpg

先日、世田谷区にあるロハスキッズ・センター「クローバー」にて、子どもたちとモデルのSHIHOさんと分子生物学者の福岡伸一さんと一緒に種まきをしてきました!

20090519_LOHAS_goya02.jpg

種をまく前に、子どもたちにゴーヤを少し食べてもらい、まずは、どんな野菜かを知ってもらいました。
その時は「ニガイー」という反応が多かったのですが、種をまく頃には「大きくなーれ、大きくなーれ」とゴーヤの成長を応援する程に♪
また、「毎日、お水をあげてね!」とお願いしたところ、元気に「はい!」と答えてくれました。

20090519_LOHAS_goya04.jpg

そして、種まきの後、3人で対談を行いました。
その中で福岡先生は子どもたちがゴーヤを育てる意味について、「プロセスを見ることが大事」「自分たちの食べ物を自分たちの手で作ること」「生命の循環に気づくきっかけになれば」とお話くださいました。

この時の模様は5月31日(日)午後7時からのBS朝日「しあわせロハス」でも放送されます。
こちらもチェックしてください!

しあわせロハス
ロハスキッズ・センター「クローバー」

20090519_LOHAS_goya01.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:GROW GREEN PROJECT 2009

2009年05月24日

ロハスデザイン大賞2009!

RIMG0215.JPG

先週の木曜日から今日まで開催中の『ロハスデザイン大賞2009新宿御苑展』。
昨日は、陽射しも強くて、最高気温29度と本当に暑かったんですが、ロハスサンデーは公開ライブを行いました。
出演してくださったのは、女性コーラスグループの「AURA」と「羊毛とおはな」。
AURAのみなさんの透きとおるような歌声、羊毛とおはなの心地よい曲‥
芝生の上に座って聴くライブは最高でした。

090523_1.jpg

090523_2.jpg

090523_3.jpg

090523_4.jpg


今年で4年目を迎える『ロハスデザイン大賞』。
今年のテーマはローカーボンスタイル・低炭素化へのチャレンジ。
広い新宿御苑に、人と人、人と地球が健やかに、いつまでも暮らしていける社会をつくるためのヒト・モノ・コトが展示されています。
いいなと思うものに会場でもらえるチラシについている投票券で投票し、ロハスデザイン大賞を決定するという参加型のイベントです。

例えばモノ部門では、トヨタの新型「プリウス」やホンダの「インサイト」といった大きいものから、大橋マキさんがプロデュースしているアロマや、野村友里さんがイベントで使っていたカトラリー、私が仕事をさせていただいている雑穀発酵調味料のナチュラルクックなどなど。
ロハスサンデーメンバーとも関わりのあるエントリーも多数ありました。

展示以外にもライブやトークショーが行われるステージや隣人祭り、フェアトレードマーケットなど盛りだくさん。昨日は、環境&健康ゾーンのキッチンステージでオテルドゥミクニの三國シェフとイルギオットーネの笹島シェフのデモと試食会があり、思わず見入ってしまいました。

私も北海道の滝川町とのコラボレーションで、滝川のお米、アスパラガス、菜種油を使ったライスコロッケを作りました。
今日はこのキッチンステージで12時30分から野村友里さんのトークイベント&試食会がありますので、ぜひ、お立ち寄りください。

また、とても有り難かったのが「ウォーターリフィリングステーション」。
マイボトルや飲み終わったペットボトルにおいしい水が給水できるマシン。
昨年も展示されていたんですが機械がコンパクトになっていたのでお話を伺ってみたら、コンビニエンスストア用に開発されたものなんだそう。
1日も早くコンビニで給水できるようになってほしいと思いました。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月17日

新発売「いろはす」とは?

090517_3.jpg

日本コカ・コーラから5月18日に発売になる「いろはす」は、国内最軽量12グラムのペットボトルを採用した、「おいしい+環境にいい」を実現した新ウォーターブランド。

ネーミングは日本古来の「いろは歌」の最初の3文字と「ロハス」の掛け合わせ。

最大の特徴は「ecoるボトル しぼる」。飲み終わった後に『絞る』という独自に開発したペットボトルです。

また、水は、日本の厳選された名水地を採水地としたおいしい軟水。
静岡県、山梨県、富山県など国内の名水地5カ所から採取しています。

水の地産地消!ウォーターマイレージも低い!「いろはす」。要チェックです☆

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

2009年05月17日

映画「子供の情景」

090517_2.jpg

映画「子供の情景」の日本配給を担当しているムヴィオラの武井みゆきさんにお話を伺いました。
映画の舞台は破壊された仏像が今も瓦礫となって残るアフガニスタンのバーミヤン。主人公は6歳の少女バクタイちゃん。
隣の家の男の子アッバスが読み書きの勉強をして学校で習った面白いお話を読むのを聞いて、自分も学校に行きたいと思うようになり、バクタイちゃんの学校に行くための小さな冒険がはじまった。

現在、国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」協力の下、『NO MORE WAR! MORE BOOKS!爆弾よりも本を!』と題し、バクタイちゃんのようにアフガニスタンに暮らす子供たちに本を贈るキャンペーンを実施中。
詳しくは、映画「子供の情景」公式サイト(http://kodomo.cinemacafe.net)をご覧ください。

映画「子供の情景」は、東京・岩波ホールにて上映中。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 08:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

2009年05月17日

子供の野菜嫌いについて

090517_1.jpg
先日、目黒区のPTAの会に参加した際、先生方や保護者のみなさんと『子どもの野菜嫌い』についてお話ししました。
私が子供の頃、嫌いな野菜といえば、ピーマンや人参が定番でしたが、今は定番はなく、保護者の方からいろいろな野菜の名前が挙がるのが印象的でした。
ちなみに、ピーマンも人参も品種改良されて、アクや苦みが少なくなって食べやすくなっているそうなんです。

ある調査によると、子供の好きな野菜は1位からトマト、きゅうり、じゃがいも。嫌いな野菜はゴーヤ、セロリ、水菜でした。
やはり、子どもは『苦み』がある野菜が苦手なようなんですが、これは当然といえば当然で、人間はもともと『苦み』を毒と認識するもの。
それが成長する段階で味覚の幅が広がり、嗜好が変わってくるとのこと。子供の頃は嫌いだった野菜も、大人になれば食べらるようになるんですね。

そんな中、気になったのは、親が「野菜が嫌い」と答えた子どもの45%が「野菜嫌い」ということ。
私も母が苦手だった銀杏はなんとなく嫌いでした・・・
そういう面を見ても、親が子供に与える影響は食生活に関しても大きいことがわかります。

そして、好きな野菜にも嫌いな野菜にも挙がる「トマト」「ナス」「アスパラガス」。
嫌いな理由を子どもに聞いてみると「トマトのゼリー状のじゅるじゅるした部分が嫌い」とか「ナスは皮が口に残るから嫌い」など理由がありました。
そういう時は、トマトはゼリー状の部分をとるとか、ナスは皮をむくとか工夫ができますよね。

しかし、「とにかく嫌い!」「なんとなく嫌い!」の場合は興味を持たせることが大切。
家庭菜園で栽培してみたり、「おいしいよ、身体に良いよ」といった声をかけたり。
また、キャラクターを使う、歌を歌うといった演出など楽しい食卓を作ることがポイントだと思います。
子どもが楽しみながら新鮮なおいしい野菜を食べるような環境作りをよろしくお願いします!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月17日

種まきしてきました!

J-WAVEで展開中の「GROW GREEN PROJECT」。
私は、昨年同様、自由が丘商店街のご協力のもと、駅前ロータリー花壇でゴーヤを育てることになりました。

自由が丘駅の正面口改札を出て左側にある電話ボックス付近です。
LOHAS SUNDAYの看板が立っているので目立つはず・・・
自由が丘にお出掛けの際は、ぜひ、チェックしてみてください!

20090517_goya_01.JPG

20090517_goya_02.JPG

20090517_goya_03.JPG

20090517_goya_04.JPG


LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:GROW GREEN PROJECT 2009

2009年05月10日

映画「チョコラ!」

090510_3.jpg

映画「チョコラ!」のプロデューサーの矢田部吉彦さんと音楽を手がけられたサカキマンゴーさんに起こしいただきました。

こちらの作品は、ケニア共和国の地方都市「ティカ」のストリートで暮らす子供たちの姿を描いたドキュメンタリー。
タイトルは、スワヒリ語で「拾う=チョコラ」の意味。鉄くずやプラスチックを拾い集めて生計を立てていることから、そう呼ばれています。

現在、ユーロスペース他、全国にて順次公開!詳しくは映画「チョコラ!」(http://www.chokora.jp)をご覧ください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 13:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

2009年05月10日

フリマ報告会♪

先週の土曜日と日曜日、「J-WAVE フリーマーケット」が開催されました。
ロハスサンデーは、番組終わりで出店させていただいたんですが、「今朝、聞いてきました。」とか「この間プレゼント当たりました!」とか声をかけていただいてとってもうれしかったです。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。

そして今年は、リサイクル、リユースのNPOや団体の出店の出店がありました。
まずは『ケータイゴリラ』。
初めてこの名前を聞いたときは、ゴリラの形をしたエコグッズかなと思ってしまったんですが、私たちにとって生活必需品である携帯電話に使われているレアメタルの1つ、タンタルを採掘するためにアフリカのジャングルが荒らされていて、そこに住むマウンテンゴリラが犠牲になってきたという事実があります。
今、次々に新しい機種が発売されていて、まだ使えるのに新しい携帯に買い替えたことがある方も多いと思います。どのように処分をされるのかよくわからないし、データが読み取られたりしないのかなどの不安もあって、それまで使っていた携帯を家に持ち帰り、引き出しにしまったままにでした。
今回は自分のと父のと2つ持っていきましたが、書類にサインして、専用の機械を使って電源のボタンに自分の手で穴を開けるので、お世話になった携帯の最後を見届けられるし、係の方とお話もできるので安心してお願いできました。
2日間で807台の携帯電話を回収したそうです。

さらにもう1つ。履かなくなった子どもの靴を回収していたのが『スマイルアフリカプロジェクト』。
私たちは当たりまえのように毎日靴を履いているけれど、アフリカには裸足で生活している子供たちがたくさんいます。
裸足でいるためにけがをして、その傷から菌が入って健康を害する子供たちがいます。これはアフリカの子どもたちが日本の子どもたちと同じように思いっきり走ったり、スポーツをしたりできるように、みなさんの家にあるサイズの合わなくなった靴を届けるプロジェクトです。
こちらは2日間で777足の靴を回収することができたそうです。

家にある自分にとっては不要なものを必要な人の譲って使ってもらう…フリーマーケット自体エコなアクションだけれど、遠く離れた国に住む方たちとのつながりも感じられるそんな1日でした。

●『ケータイゴリラ』の様子

20090510_LOHATOPI_01.JPG
※自宅から持参した携帯電話(不要品)を受付に提出し、参加します!のサインをします。

20090510_LOHATOPI_02.JPG
※持参した携帯電話(不要品)はこのように・・・

20090510_LOHATOPI_03.JPG
※穴開け機のようなものを使って携帯電話の電源部分に、ガチコーン!と穴を開けます。

20090510_LOHATOPI_04.JPG
※電源の入らなくなった携帯電話(不要品)。マウンテンゴリラも喜んでくれている?

ケータイゴリラは、寄付だけでなく、携帯電話リサイクルもできて、一石二鳥!
夏フェスやエコイベントで出展することが多々ありますので、みなさんもぜひ、参加してみてください。

詳しくは、『ケータイゴリラ』のホームページをご覧ください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月03日

八十八夜

20090503LOHATOPI.jpg

昨日は、立春から数えて88日目、八十八夜でした。
春から夏に移る節目の日で、この頃からお天気もだいたい安定してくるいので昔から茶摘みをする目安の日とされてきたそうです。
新茶の出始めに時期は新芽を手で摘んだものが手摘み茶として出回り、八十八夜に摘まれるお茶は不老長寿のご利益があり、縁起がいいとされています。
そんな緑茶には抗菌作用のあるカテキンや風邪予防に効果のあるビタミンCやミネラルなど、健康効果の高い成分がたくさん含まれていて、日本人の長寿の秘訣は緑茶を飲むからだという説もあります。
そして、緑茶は空気に触れると酸化して香りが損なわれたり、温度が高いところや湿気が多いところに置くと質が落ちるので、袋の口はきっちり閉めて密封することをお薦めします。
ちなみに、気温が高いときは冷蔵庫に。私は真夏は冷凍庫に入れて保存しています。
また、緑茶はお米と一緒で少しずつこまめに買うのが一番で、開封したら大体1か月くらいを目安に使いきりたいところ。
でも古くなってしまった緑茶って家にあるもの。昨年の新茶がまだあるなんていうことも。
以前、金沢に行った時に教わったんですが、そんな時は「ほうじ茶」を作るといいそうです。
作り方は簡単で、まず、フライパンに緑茶を入れて弱火にかけます。
その後、焦がさないようにかきまぜながら10分間。いい香りがしてきたら出来上がりです。
緑茶を加熱する時に出る香りは、気持ちを落ち着かせるアロマテラピーとしての効果や、消臭作用もあるんだそう。
新茶のおいしさも楽しみつつ、古くなったお茶も工夫しておいしくいただきたいものですね。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

2009年05月03日

自由が丘スイーツフェスタ

0503_jiyugaoka_KOKUCHI.jpg

『自由が丘スイーツフェスタ meets GROW GREEN PROJECT』
 日時:5月6日(水・休日)午後2時10分〜40分
 会場:自由が丘駅前の特設ステージ
 内容:王理恵トークショー+ゴーヤの種 無料配布

※自由が丘スイーツフェスタについては「自由が丘オフィシャルガイド」をご覧ください。

0503_jiyugaoka_KOKUCHI2.jpg

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ


バックナンバー