2009年02月22日

今週は『水』について。

「水」をテーマに、今回取材に行ってきたのは、
葛飾区にある金町浄水場。

090222_1.jpg

090222_5.jpg

東京都で浄水している水の22%がこの金町浄水場で
浄水処理されています。

金町浄水場では、オゾン接触と生物活性炭吸着という
高度浄水処理で、おいしい水が作られているのですが、
この高度浄水処理施設を導入したのは、東京都では金町浄水場が初めてとのこと。
現在は、従来の浄水処理施設と高度浄水処理施設の両方で稼動していて、
処理後の水を見比べることができたのですが…全然違いました。
高度浄水処理された水は、本当にクリアでおいしい!
しかもカルシウムやマグネシウムも入っています。
この水は「東京水」として都庁や東京駅で販売されているので、
見かけたらぜひ買って飲んでみてくださいね。

そして、今回の取材でわかったことがもうひとつ。
金町浄水場のろ過施設の屋根には太陽光パネルが設置されていて、
自然エネルギーを有効活用しているのですが、
大量に設置された太陽光パネルでも、金町浄水場で消費する電力の
1%程度しかまかなえないとのこと。

090222_2.jpg


実は高度浄水処理には、オゾン発生装置とポンプに非常に多くの電力を使用していて、
東京電力の消費電力の1%を東京都水道局が占めているとそうです。

090222_4.jpg

090222_3.jpg

ということは…普段何気なく使っている水道水ですが、
節水を心がけることによって、節電にもつながるということです。
そして、ミネラルウォーターではなく、東京の水を飲むことが、地産地消にもなります。

ぜひ、この機会に東京の水道水について、考えてみてくださいね。

「安全でおいしい水プロジェクト」オフィシャルサイト

東京都水道局

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/31690

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)