2009年01月11日

今朝のロハトピは「おにぎり」のお話・・・

うちは父がごはん党で、現役時代はパンをほとんど食べなかったこともあり、私は小さい頃からごはんが大好き。小学生の頃、普段の日はお菓子をあまり食べさせてもらえず、学校から帰ってきて食べるおやつが「おにぎり」のこともよくありました。中学、高校時代はバレーボール部に入っていたんですが、お弁当だけ ではお腹が空いてしまって、練習の前にシーチキンや焼き肉といったコンビニの「おにぎり」を食べたりしました。今でも朝早く飛行機で移動するときなど、「おにぎり」を持って出かけ、空港の待合室でたべたりします。そして家にいても、あえて「おにぎり」にすることも。

先週撮影で「おにぎり」をつくることがあり、準備も含め何十個と握ったのですが、私なりのおいしい「おにぎり」をつくるコツ、見つけましたので、ご紹介します。基本の塩むすび編・・・まず、ごはんは固めに炊く。普段よりすこし少なめの水加減で炊きます。炊きあがったら底から返すように軽く混ぜる。手に水を 軽くつけます。つけすぎるとべちゃべちゃになるので注意。塩を両手の人差し指、中指、薬指の第二関節くらいまでつけ、ごはんが温かいうちに三角、丸、俵…好きな形に、中央のごはんがつぶれないように素早くにぎります。これで冷めてもおいしい「おにぎり」の出来上がりです。ちなみに私の好きな具は塩昆布。お出かけの際 は、是非おいしい「おにぎり」を持って出かけてみてください。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/30424

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)