2008年10月19日

しょうゆ物知り博士

081019.jpg

今朝のロハトピは「しょうゆ」について。「しょうゆ」は、ここ何年かで海外での需要が急上昇。まさに世界に誇る日本のスローフードです。かける、つける、料理の下味にするなどのほかにも、砂糖やみりん、お酢など他の調味料との相性がいいのも特徴。そして、生臭さを消したり、日持ちをよくしてくれる働きもあるのでしょ うゆは家庭で大活躍の調味料。ところが、いざスーパーの売り場を見るととにかく種類が多すぎて、どれを選んでいいかわからないなんていうこと、ありますよね。しょうゆは大きく分けて5種類。まず、一般的にしょうゆと言えば「濃口しょうゆ」のこと。深い旨みとまろやかな甘み、爽やかな酸味でバランスのよい味わい。これ に対して「薄口しょうゆ」はもともとは関西で使われていた淡い色のしょうゆ。素材の色を美しく仕上げるような煮物などに向いています。 ただし塩分は濃口しょうゆよりも2%ほど高いので注意してください。3つ目は「溜まりしょうゆ」。主に中部地方で使われている、とろりとした濃厚なもの。大豆の深い味わいと独特な香りが特徴。4つ目は材料に塩ではなく、しょうゆそのものを使う「再仕込しょうゆ」。色、味、香りとも濃厚で刺身、寿司、冷奴などと相性が いい。最後は「白しょうゆ」。小麦や大豆を精白して使うので色の白いしょうゆができる。すっきりした味わいながら甘みがしっかりあるので私はお吸い物や茶わん蒸しに使っています。この他にも減塩しょうゆや有機しょうゆなどもよく見かけます。ちなみに福岡のしょうゆはかなり甘みが強い。同じメーカーのものでも 味が全然違うので父は東京で買って持って行ってます。基本の調味料だからこそ、自分の口や食生活にあったものを選びたいものです。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 07:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/28004

コメント

りえさま!体調いかがですか?ほんとうに風邪つらそうだったのにありがとう!しょうゆ本当に最高だよね!おかずなくても炊き立てのご飯にのり、しょうゆかけただけでも最高な一品になる!今週末、ぼくも安藤先生の参加した作品みてみます!表参道ひるず、渋谷駅はいまいちだなあと思ったけど。いつか安藤先生とも話してみたいと頑張ります。

投稿者 nyan : 2008年10月21日 10:57

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)