2008年09月21日

雑穀のお話

今朝のロハトピは、雑穀のお話。雑穀は一般にイネやとうもろこしといったイネ科の穀類のうち、きびや、あわ、ひえなど小さな実をつける作物の総称。最近では、玄米や黒米や赤米、そばの実や豆類も雑穀として扱われることもあります。商品としては20種類くらい流通しています。雑穀は、粒が小さいので胚芽の部分が多く、ビタミンやミネラルがたくさん含まれています。あわやきびのような黄色いものはポリフェノール類が多く病気の原因になる体内の活性酸素を除去する働きがあるんですね。私と雑穀の出会いは、野菜ソムリエの資格をとった後、玄米にはまったこと・・・おいしいし、食べているうちに肌あれが良くなったりお腹の調子もよくなったので、家族や友達にも食べてもらおうとしました。特に、父には、なんで白いごはんがあるのにわざわざ玄米食べなきゃいけないんだと不評。炊き方もあるけれどが玄米はやはり好き嫌いがあるんです。いくら身体によくてもこれじゃあみんなに食べてもらうのは無理かなーと思っていた時に、雑穀を知ったんですね。最初は、白米にブレンドして売っている雑穀を混ぜて炊いてみました。これは、おいしい!しかも、ただ入れるだけ。水加減も白米だけのときと同じでいいので簡単。父も、これだったらおいしいと言ってくれたので、みんなにも受け入れられるのでは?と思い、雑穀の勉強を初めて雑穀エキスパートという資格をとりました。雑穀を食べたことがないという方はまずブレンド雑穀にチャレンジしてみてください。きっと身体の変化を感じると思います!

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/27175

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)