2008年07月06日

日本文化デザインフォーラムに参加してきました!

21世紀の文化をデザインしていこう!という主旨のもと、各分野の専門家が自主的に集まって領域を越えた活動をしている『日本文化デザインフォーラム』。
今年のテーマは「話すことって大切」。全く人と話さずパソコンがあれば仕事やプライベートが成立してしまう今、人間らしく生きるためにもう一度、誰かときちんと向き合って話すことの意義を考えてみようということです。
私が参加したのは、10のグループによるリレーディスカッション。茂木健一郎さん、三枝成彰さん、鏡リュウジさん・・というそうそうたるメンバーが参加されていました。そんな中、私のグループは、音楽家の千住明さん、小山裕之さん、服部幸應さんという「食」でつながっているメンバーでした。
「今、まずいもの」という後ろ向きのテーマだったため、最近、食べてまずかったもの・・日本の食糧自給率はまずい・・日本の素晴らしい農産物は中国が高い金額で買っているのはまずい・・など、どんどん展開されていきました。また、私は、「割り箸を使い捨てているのはまずい」という話をしました。
最後は、千住さんが「まずいものは明日のうまいもの」という総括を発表し、リレーディスカッションを締めくくりました。
食べ物だけでなく仕事もプライベートも何とか良くする努力をする。まずいものをうまいものに活用していく・・そんな前向きなお話でした。

日本文化デザインフォーラム
http://www.jidf.net/

LOHAS SUNDAYスタッフ| 06:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:LOHAS SUNDAYスタッフ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/24781

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)