2008年03月30日

「発酵文化のまちづくり」

29日土曜日、秋田県の横手市に行ってきました。

横手市は、米作り、酒造りが盛んで、昔から麹を利用した発酵文化が根付いている所。

そんな横手市が「発酵文化のまちづくり」と目指して、全国で初となる発酵をテーマにしたイベントを開催しました。

そのイベントで私は、発酵料理についてのトークショーに参加して、いろいろな発酵料理をいただきました!

秋田でよく獲れるハタハタをヒシオという発酵液に漬けて焼いたものや、鶏肉のぬか漬け、またたびのかす漬け、碁石茶という発酵茶などなど。

どれも初めての味で、最初はクセがあるのかな〜?と思ったのですが、妙に後を引く美味しさ。

やはり日本人は発酵食品を美味しいと感じるDNAを持っているかもしれません。

美味しくて身体にも良い日本の伝統的な食文化、発酵食品。みなさんももっと取り入れてみてはいかがでしょうか。



写真右:発酵トークショー。永島敏行さんと料理人、山本さんと私で発酵について熱く語りました。

写真中:発酵料理がずらり。鳥の糠漬け、野菜の糠漬け、チーズの燻製…色は地味だけど味は最高!

写真右近所の桜もいい感じです。思わずカメラを構える父。

LOHAS SUNDAYスタッフ| 14:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | カテゴリー:王理恵

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb2.cgi/21957

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)