2021年05月03日

銀行員からの転身、野菜バイヤーとなったお話についてたっぷりと伺います。

野菜バイヤー・愛の野菜伝道師 小堀夏佳さんをお迎えしています。
IMG_8844_blog.jpg
*リモートでのご出演です。

ーーまず、愛の野菜伝道師という肩書について伺いました。

小堀さん「20年前に畑を初めて回ったときに、
美味しい野菜には農家さんの愛があると思いまして、
野菜を売るというよりも農家さんたちの
思いや愛を野菜に乗せて伝えたいと思い、
会社にお願いして名刺につけさせていただきました。」
小黒「東京の人が農家の現場に行くと、
『お前たちに何がわかるんだ』って
言われませんでした?」
小堀さん「言われました!
当時は27歳だったので野菜のやの字も
知りませんでした。実際、知らないという
ことを恥をさらして農家さんに
話すと、可愛がってくださって
ひとつひとつお父さんのように
教えてくださいましたね。」
小黒「でも、東京で育って農業を
やっている人も身近にいなかったのに、
畑を回ってみてよく我慢できたね?」
小堀さん「実は私、野菜の部署に
任命されたときものすごく嫌だったんです。
前職は銀行だったし、ケーキとかを
開発するのは憧れだったのですが、
人がいなくて任命されました。
ただ、銀行時代の外回りが
すごくいい経験になりました。
当時、社長や経営者と話す機会が
あったので、同じ土俵に立つには
知識を入れなくてはいけなかった。
農家の方も、物づくりの職人さんという
意識はあったので、農家さんの読んでいる
現代農業という雑誌や、農業新聞を
読んで勉強しながら畑に行っていました。
仕事で回ったのは全国の畑でしたが、
当初は会社のパソコンで調べていたり
して外には出ていませんでした。
初めてキュウリがサンプルで
送られてきた時、キュウリは
味がしないと思っていたんですが、
そのキュウリは味がしたんです!
この味のする理由はなんだろうと、
いう想いに駆られて初めて畑を
見に行ったのが福島だったんです。」

今夜の選曲… I LOVE YOU / ARETHA FRANKLIN

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー