2021年02月08日

70年以上の技術と信頼で、義肢装具の製造と販売を手がける小原工業。 その会社のあゆみとこれからについてたっぷり伺います。

株式会社小原工業代表取締役社長、秋山七奈子さんをお迎えしています。

%E7%A4%BE%E9%95%B7%E7%94%BB%E5%83%8F_blog.jpg

※リモートでのご出演です。

ーー小原工業は、義肢装具メーカーということで、       
義手や義足となる材料、パーツの製造・販売をされています。
%E7%B5%84%E3%81%BF%E7%AB%8B%E3%81%A6_blog.jpg
秋山さん「そもそも義手や義足は、一般のユーザーの方は
整形外科へ行ってドクターの処方箋をもらいます。
それをもとに、義肢装具師が制作することになります。
その為の材料を、我々で納品させていただいています。」

ーー小原工業の創業は1946年。70年以上も
続く会社の創業のきっかけを伺いました。

秋山さん「創業者である祖父が戦争を経験していまして、
傷痍軍人の方々を目の当たりにして、
彼らのために義足を用意しようと思ったんです。
ですが、材料のない時代だったので、
早稲田大学の英語学科の出身だった祖父は、
ドイツやアメリカに手紙を書いて
優れた材料を集めて義手や義足を広めていきました。」

ーー小原工業では、創業当時から日本ならではの作り方
「鍛造(たんぞう)」をされているそうですが?
%E9%8D%9B%E9%80%A02_blog.jpg
秋山さん「鉄を熱して叩いて鍛えて
伸ばして、形にしていく…それが鍛造です。」
小黒「あの、よく義手や義足って木造の
イメージがあるんですが、木造の部分に
鋼のパーツが付いているということですか?」
秋山さん「昔は木で作られた木足というものが
よく使われていました。その木足に筋金の
パーツをつけて使っていました。」

小黒「とてもデリケートなものなので、
使っているうちに調整とかもされるんでしょうか?」
秋山さん「一人一人のものなので、毎回、
調整を繰り返しています。留め具のところは
しっかり固定しつつ、筋金の真っ直ぐな部分は、
義肢装具師が二次加工をしやすいように
鍛造を採用しています。」

今夜の選曲… GLASS ONION / BEATLES

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー