2020年11月16日

写真集「Blue Forest」と写真にこだわる姿勢について伺います。

フォトグラファー・杏橋幹彦さんをゲストにお迎えしています。

IMG_5763_blog.jpg

ーー杏橋さんの写真集「Blue Forest」を
お持ちいただきました。

杏橋さん「フィジーとサモア、南太平洋の島々を
渡り歩いて撮ったものが網羅されています。
京都の印刷所で手製本で丹精込めて作りました。」

ーー杏橋さんは海の中、というよりも
波の中の写真をこだわって撮影されています。
撮影は酸素ボンベや、ストロボなどの機材を使わないそうです
IMG_5768_%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E7%9C%BC%E9%8F%A1.jpg
杏橋さん「2001年に変身しました。
それまでは酸素ボンベで魚を追いかけたり、
人や景色を撮ったりしてきました。
そういう経験があるからこそ、
人間は海に対して簡単な道具で行くことが、
礼儀かなと思っていき始めたんです。」

ーーカメラはいつ頃から興味をもたれたんですか?

杏橋さん「カメラは家に転がっていたので、
トラック野郎とかスーパーカー撮っていたんですが、
本当にやり始めたのは24歳くらいの時です。
オーストラリアに行く時に父親から
『カメラ持っていけば』という一言で
始めたんです。
一ノ瀬泰造さんとか、ユージン・スミスとか、
戦争の写真のドキュメンタリーを読んでいたので、
いつか海の中に行きたいなと思って
今ようやく波にたどり着きました。
やっぱり命がけで行くのは戦場カメラマンと
一緒かなと思っています。
僕はファインダー見ないんです。
両目で見て、勘で押すので。
人間臭さを写真に入れたくないんです。
何かを感じた瞬間に押す……
僕の場合、胸でハッと思ったら
人差し指で押すような感覚ですね。」

今夜の選曲… DARY / OMAR SOSA & SECKOU KEITA

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー