2020年11月10日

14歳で王貞治さんにインタビュー…その貴重な経験について伺います。

株式会社ILI 代表取締役で、ビジネス・プロデューサーの
杉山大輔さんをお迎えしています。

IMG_5624_blog.jpg

――杉山さんが編集長の情報サイト
「私の哲学」では、各界で活躍されている方への
インタビューの様子が掲載されています。

杉山さん「2007年に今の会社を立ち上げた時、
自分が社長って言う立場だと外に行って色んな人に
出会わない限りは、新しい情報が手に入らない。
だから、人を取材しようかなと思ったのがきっかけです。
小黒「言うのは簡単だけどさ。
なんでこんなに、トップクラスの方達が君にあってくれた、
その秘訣はどこにあるんだろうね?」
杉山さん「やっぱり、その人に会いたいという
熱意だと思います。14歳でニューヨークにいた時に、
王貞治さんを取材する機会があったんです。
当時、塾に通っていてその国語の先生が
新聞の編集とかをやっていた方なんですけど
『君は物怖じしない中学生から、王貞治を取材してみるか?』
って言われたんです。
ですが、海外に住んでいて僕は王貞治さんが
誰か知らなかった。
正直に”知らない”と話をしたら、事前に質問を用意してくれて、
その中で自分の好きなことを聞いていいと言ってくれたんです。」
IMG_5605_blog.jpg
杉山さん「部屋に王さんが入ってきた時に、
すごいオーラがあったんですよ。
インタビューの最後の方で、
『王さんって女性にモテましたか?』って僕が聞くと、
王さんが笑ってインタビューがめちゃくちゃ良くなったんですね。
そこから話をしだしてくれたんです。
『杉山くん、日本で一番高い山知ってるか?』
『富士山ですね』と答えると、
『では二番目は?』と聞かれて、
『わからないです』と言いました。
『では、杉山くん、ホームラン王は誰だ?』と
『王さんです』と言うと
『じゃあ、二番目は?二番も三番も、みんな一緒だ。
一番にならないと覚えられない』
それが、王さんが14歳の僕に言ったことです。」

今、私の哲学でインタビューしているのは99人。
記念すべき100人目でまた王さんにインタビュー
出来るようにと考えていらっしゃるそうです。

今夜の選曲… LET'S DO IT / DINAH WASHINGTON

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー