2020年10月15日

10月19日から10月22日は…

NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむの理事長、赤石千衣子さんをお迎えします。

IMG_5313_blog.jpg

東京都出身。保育園勤務、ふぇみん婦人民主新聞の勤務を経て、
現在はNPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむの
理事長でいらっしゃいます。
著書に『ひとり親家庭』(岩波新書)があります。

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年10月15日

大阪とA Iと時間、そして旅するというお話。

一般社団法人コミュニケーションデザインセンター
内藤久幹さんをお迎えしています。

IMG_4389_blog.jpg

--万博や選挙…様々なことがこの後ある大阪。仕事で大阪に
行くことの多い内藤さんは、今、どうご覧ですか?
内藤さん「大阪っていうのは元々非常にエネルギッシュで活動的、
東京…関東とは違う、大陸につながっていくような
エネルギーに満ち溢れた土地なので、
そこから、次の万博のタイミングで
また50年前の万博と同じように
未来の指針のようなものが出てくると思います。」

――AIと我々の生活は今後どうなる?
「人類が始まって以来の大きな変化になるかと思います。
今までは100年先のシミュレーションって中々
出来なかったんですが、1億年単位で先のことも
シミュレーションできると思います。
そういったものをいかに使いこなすか。
逆に使われないか。
便利を駆け引きに、流されずに本来の人が
やるべき手間隙みたいなものを、注目して
一つ一つ積み重ねていくと、これからの
新しい暮らしが生まれてくるんじゃないかと思います。」

――これからの旅の仕方ってどうなると思いますか?
内藤さん「飛行機など技術のテクノロジーの開発が
どんどん進んでいると思うんですが、やはり「歩く」とか。
ここで結構戻ることが多いと思っています。
生きることに真っ直ぐになっていくんじゃないかなと思います。
AIが発達すると人は膨大な時間を手にできますから、
自分探しをより深く出来るようになると思っています。」

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー