2020年10月13日

大阪芸術大学アートサイエンス学科の創立と、妹島和世と…というお話。

一般社団法人コミュニケーションデザインセンター
内藤久幹さんをお迎えしています。

IMG_4393.JPG

妹島和世さんに建築を依頼した大阪芸術大学
アートサイエンス学科の新校舎。
その構想から完成までの様子を追ったドキュメンタリー映画
「建築と時間と妹島和世」についてのお話を伺っています。
建築家のコンセプトとは?

内藤さん「妹島さんは、丘の形状に非常に注目して、
極端にいうと『丘を建築したい』という
ところからスタートしました。
あとは、このアートサイエンスという
初めての領域に、設備的な部分の
最先端を作っていくのは当然ですが、
それ以上にこの一つの場を、広場や
公園のような形でよりいろいろな学科の人たちが、
交流しながら出会ったり新たなことを発想したり
出来る場所を作るという想いが強かったです。」

実は妹島さんには、一般公開の映画と言わず
記録として撮影をしていたというこの映画。
公開することをご本人に伝えた時の反応は…

内藤さん「正直、ビックリしてたというか、
照れてるというか…恥ずかしがってましたね。
(試写会などで)みなさん、一言目にドキュメンタリー映画
らしくないというか、新しいドキュメンタリー映画だね、
って口々に言っていただきます。
おそらくそう思われるのは、
この映画、妹島さん以外出てこないんですよ。」
小黒「他にも建築家の名前がリストに上がってましたが?」
内藤さん「妹島さんの事務所のチームの方ですね。」
小黒「なるほど。じゃあ、その人たちとの普段の
ディスカッションの様子とかも見れるわけですね。
これ、妹島さんは世界ランクの建築家ですから、
外国の方にも見てもらえるよう対策を取られた方が
いいんじゃないですか?」
内藤さん「もうすでに、声をかけております」
小黒「さすが、大手広告代理店出身!」
内藤さん「やっぱり、いいものはより多くの人に…。」

======================================
映画「建築と時間と妹島和世」
監督・撮影:ホンマタカシ
出演:妹島和世
製作:大阪芸術大学

渋谷ユーロスペース他にて全国順次公開中です。
詳しくは映画のHPをご覧ください。
公式HP :https://kazuyosejima-movie.com
======================================

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー