2020年10月05日

世界遺産でのウェディング…本業である婚礼事業について伺います。

一般社団法人、日本ノハム協会代表理事の神田尚子さんをお迎えしています。

IMG_4177.JPG

まず、タガヤへに入社するきっかけは?

神田さん「当時は婚礼和装ということで、
結婚式の貸衣装を扱っていました。
家族経営で、創業者のお姉さんが営業部長、
そのご主人が営業で、パートが2、3人いるという
会社でした。」

年商を2億から30億にまで18年で
引き上げたそうですが、どんなことを?

神田さん「婚礼衣装というのは、旧態依然と
した感じでパートさんがお母さん目線で
接客するという形が全国的でした。
その決定権がお嫁さん本人に変わった時に、
衣装係からスタイリストって名前に変えたんです。
スタッフに全員インカムをつけさせて、
美容師さんにサロンを任せて
いかにもできる風のスタイリスト、
という形に発展させたのが第一歩になります。
2002年から自分たちで結婚式場を、
京都、大阪、神戸に建てました。
私たちは衣装屋なので、チャペルにしたんです。
創業者が偉かったのは、結婚式は先々なくなると
予想を立てていたので小さい土地を買い上げて、
結婚式場にする。そうすると減価償却的に、
分岐点がどんどん下がっていって、
件数が下がっても社員を露頭に迷わせることがない。
ブライダル総合カンパニー、
その内部も全部内省化したんです。
料理、花、写真、メイクやキャンドルまで作りました。」

今夜の選曲… 3 GYMNOPEDIES / BILL QUIST

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー