2020年10月01日

伝説のオーナーの金言と今後の計画について伺います

アートディレクター、イラストレーターの大木理人さんをお迎えしています。

IMG_3994.JPG

SAVE LIVE HOUSEの活動中に、
『ライブハウスの神様』に出会ったという大木さん。

大木さん「新宿ロフトの平野悠さんという方で
今のライブハウスの原型を作られた方なんですが、
どうしても会いたかったんです。
いろいろな人にお願いしたんですが
繋いでもらえなくて、
一か八かで直接本人に電話したら
『会おう!』って言ってくれて。
一つの大きな動きを作りたいし、
運動のきっかけになるものを作りたいと
お伝えして賛同してくれました。
当時、クラウドファンディングの話も
したんですが、彼はものすごく反対して
『クラウドファンディングは、ロックじゃない』
と再三言われました。
彼は2億借金して、1年間従業員を
食べさせていくと話題になったんですが、
そういうポリシーがちゃんとあるし、
『お金支援されたら、国にモノ言えないじゃん』
と言われてすごく感動しました。」

大木さんの今後の活動は…?
大木さん「SAVE LIVE HOUSEの活動は
続けて、今ミュージシャンの方の絵も
描こうとしています。
ロサンゼルスにいるCREATIONの
竹田和夫さんとかに、マスクしていただいてる
写真を送ってもらってこの活動の輪を増やしています。」

最後に…
大木さん「僕は関係ないんですけど、
でも、ライブハウスはみんな苦しんでいるので、
皆さんライブ行って盛り上げてください!」

IMG_3950.JPG
収録の際には、ナビゲーター小黒一三の
絵をプレゼントしていただきました。

今夜の選曲… SPINNING TOE HOLD / CREATION

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー