2020年07月29日

廃棄物再利用のゴミ袋「FUROSHIKI」の開発と販売について伺います。

株式会社サティスファクトリー、代表取締役会長
小松武司さんをお迎えしています。

IMG_2751_blog.jpg

――昨日に引き続きサティスファクトリーが完成させた
「FUROSHIKI」について伺っていきます。
小松「99%ストレッチフィルムから、
一度使った物のゴミから作り出した
ゴミ袋ができました。
45L、70L、90L、業務用の120Lまで
あるんですが、それぞれによって
CO2の削減トン数があるんです。
45Lは一箱で500枚入ってるのですが、
これで30キロのCO2を削減できる。
もちろん、大きな会社からすると
小さい量だと思うんです。
でも、こういう取り組みって小さいものを、
積み上げていくことでしかなし得ないんです。
だから、毎日使う新品のゴミ袋を、
FUROSHIKIに変えてもらうだけで、
CO2が明らかに削減できます。
この商品以外には99%再生材を使った
商品は他にはないです。」

――『FUROSHIKI』の開発までには
どんな苦労があったのでしょうか。
小松「99%のクオリティでものを
作るというよりも、その入り口と
出口をしっかり作っていないとできない
ことなんですよ。
ストレッチフィルムというゴミをしっかり
集めて、それを物流で拠点にまで集積して、
加工委託をする。
逆にそれを販売できなければ、作ることなら
誰でもできる。環境についていうことはできるけど、
現実の一歩は誰でも踏めない。
その部分で入り口と出口をしっかりと、
抑えた仕組みを作るのは難しいところでした。」

今夜の選曲… SUMMER PLACES / SAM PREKOP

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー