2020年07月21日

絵本『はなちゃんとぴかりん ピカピカだいさくせん!』についてうかがいます。

絵本作家でイラストレーターの松本春野さんをお迎えしています。

IMG_2573_blog.jpg

婦人之友社から発売されています絵本
「はなちゃんとぴかりん ぴかぴかだいさくせん」
について伺っていきます。

〜あらすじ〜
元気いっぱいの小学生はなちゃんの“つくえ”が
ある朝、家出してしまいます。しょんぼりしている
はなちゃんを助けてくれたのは、妖精のぴかりん。
つくえピカピカ大作戦の始まりです––
(婦人之友社HPより抜粋)

--この本は松本さんが絵を描いて、整理収納アドバイザーの
井田典子さんが文を書いています。
小黒「このお話を気に入ったのは、
松本さんの小さい頃の体験に近い世界だからですか?」
松本「優等生を描くよりかは、
ガチャガチャバタバタした子の方が、
自分の体験も含め実感としてあるので、
表情とか仕草を描きやすいです。
私自身もとっても片付けが苦手でしたし、
今も机が大変なことになっていて、
娘からも絵本になぞらえて、
『つくえくんが家出してしまうよ?』と
言われています。」
IMG_2533_blog.jpg
小黒「これボクも読ませてもらって、
不思議だったのが、公園の端っこに逃げた
机をどうやって家に持ってこれるの?」
松本「それは“ぴかりん”という妖精がいるんですよ!
妖精の力なくして机は移動できないです。」
小黒「私は、今コロナとかで気持ちが
落ち込んでいるのかファンタジーが読み取れ
なかったね…」
松本「ずいぶん凝り固まった層の人たちとしか、
一緒に仕事してらっしゃらないのかもしれないですね。
幅広い世代と是非接してください!」
小黒「ボク自身も結構ダメージ受けてるんだな…
夢みがちなところがゴッソリ抜けてたということが、
おかげでわかりました。」

今夜の選曲… TOP OF THE WORLD / CARPENTERS

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー