2020年05月19日

『起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡』のお話から、時代の寵児と呼ばれる経営者とは?

ノンフィクション作家・児玉博さんをゲストにお迎えしています。
▷最新著書『起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡』

kodama_1_blog.jpg

※今回はリモートでのご出演になります。

小黒「本の帯に「ヒルズ族の兄貴分と呼ばれた男」と
書かれているんですけど、
年齢も宇野さんの方が上なんですか?」
児玉「ヒルズ族と言われる、堀江貴文さんとか、藤田晋さんとかは、
ある意味才覚があれば、一夜にして億万長者になれるというのを
体現された人たちなんですが、宇野さんはそれより前の世代なんですよね。
宇野さんの時代は簡単には上場させてもらえない時代だった。
堀江さんや藤田さんが才覚で、一夜にして、赤字会社でも
上場できるぞっていう環境とは、丸っ切り違いました。
その辺が世代としても上になりますし、企業の見る視線、
社員を見る視線っていうのはちょっと違うのかなと思います。」

児玉「奇しくも、本が出たのが4月10日だったんですが、
まさにコロナウイルスで企業の活動が止まり、
社会活動が止まっているところで。
宇野さんって男前でスマートな印象とは裏腹に、
経営者としては逆境の連続。
そういう方の本を4月10日に出せた。

宇野さん自身も
『自分が苦難を乗り越えてきて、
今なんとかやらせてもらってる。
そうした、ささやかな経験や体験を、
多くの企業が苦境に立っている今、
伝えることができるのは本当にこの本の運命かもしれません。』
『この経験を1人でも多くのベンチャーの方に伝えることができれば』
と非常に好意的に取っていただけました。」

今夜の選曲… SUBTERRANEAN HOMESICK BLUES / BOB DYLAN

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー