2020年05月18日

最新著書『起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡』

ノンフィクション作家・児玉博さんをゲストにお迎えしています。
▷最新著書『起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡』

kodama_1_blog.jpg

※今回はリモートでのご出演になります。

最新著書『起業家の勇気 USEN宇野康秀とベンチャーの興亡』が4月10日に発売になりました。
kodama_3_blog.jpg
児玉「この本は丸三年、取材にかかりました。
宇野さんを取材する前に、
ソフトバンクの孫さんの話を書いていたので、
ベンチャーには土地勘があったんですよ。
リーマンショックが終わって一年くらい経った後で、
とあるところで、宇野さんの会社が立ち行かないかもしれない、
追い詰められてしまって酒の飲み方が尋常じゃない、と聴きまして。
その時は、非常に痛ましい話だなと思って聞いていたんですが、
数年経った後で3社目の上場を果たしたというの聞きました。
宇野さんはフェードアウトしたものだと思っていましたので。
なぜ一度舞台から降りた人間が、また上場を果たせたのかなと…
…単純にそこを聞きたいと思ったのがこの本のきっかけですね。」

小黒「こんなあけすけに父親の話とか、
自分の失敗談とか話してくれるものなんですか?」
児玉「これは中々その…なんで話してくれたのか
分からない部分なんですが。
今回の本の表紙は宇野さんの写真なんですが、
彼の食い入るような目っていうのは、
『聞いてくれ』と訴えているようで、
自分はそれを真摯に受け止めますと思っていました。
時に、自分が手塩にかけた会社が切り売りされる、社員が自分の元を離れていく…
特に会社が切り売りされる時などは涙ぐまれてもいました。
印象としてはいろんなものに対して逃げない。
色んなものに立ち向かうぞ、という印象が非常に強いですね。」

今夜の選曲… THE MIGHTY QUINN / BOB DYLAN

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー