2020年03月17日

著書『わたしたち、 海でヘンタイするんです』

岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんをお迎えしています。

0316_LOHAS_2.jpg

鈴木さんの著書『わたしたち、
海でヘンタイするんです』こちらは?
鈴木「小さいお子さんにも楽しんでもらうために、
イラストの要素をすごく大事にしています。
友永たろ先生という僕の大好きな
イラストレーターさんが書いてくださっています。
変態ということで、魚の成長過程を追っていくんですが、
この瞬間! みたいな写真ってそんなになかったりするんですよね。
そういう幼少期の姿だったりとかを、
わかりやすく図解するっていうところを
すごく大事にしているので、オールカラーにしています。」

この本で、一番の変態ぶりはなんですかね?
鈴木「身近な生き物で意外と知られてないミズクラゲですね
クラゲっていうと、フワフワ漂っているような
イメージがあるんですけど、幼少期のクラゲの
一番最初は卵みたいに蠢く。1ミリないくらいのサイズで、
最初は卵みたいなものが蠢いていまして、
それが、岩にくっ付くと植物みたいに生えるんですね。
ポリプって呼ばれるものが生えてくると、
小さい頃のクラゲが岩から生えてるってこと
自体もあんまり知られてないんですけど、
そのポリプっていうものが、クローンを増やして
それがあのある日、動き始めるんですね。
先っちょのポコっと取れたものが泳ぎ始めるっていう。
物凄い進化…変態をしていくんですね。」

0316_karibu_2.jpg
ミズクラゲ

0316_karibu_3.jpg
岸壁採集の様子

今夜の選曲:GROOVIN' / YOUNG RASCALS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー