2019年10月08日

元編集者がオーダーメイドの帽子屋に?! その理由とは?

帽子職人の沼尻賢治さんをお迎えしています。

IMG_6110.JPG

北海道 ニセコに移住されてからの
本業はオーダーメイドの帽子屋
『The Mad Hatter, Niseko』、
帽子屋さんはなぜ始められた?
沼尻さん「文化服装学院という専門を一応出ておりまして、
これを言うとちょっと恥ずかしいんですけど、
一応ミシンぐらいは踏んだことがある。
というところから始まって、小黒さんのところで働いている
最後の何年間は週末の工作みたいにして帽子作っていたんです。
それで移住するにあたって、最後の仕事はというのは
編集者だったんですが、ニセコに行って編集の仕事が
あるかと言われたらないんじゃないかと。
で、誰もやっていない仕事がいいんじゃないか
ということで、突然、思いついたんです。」

マッドハッター・ニセコ
URL:https://www.themadhatter-niseko.com

D3X_9226.jpgD3X_9359.jpg
D3X_9371.jpgD3X_9433.jpg
D3X_9463.jpg

今夜の選曲:HELLO / PAREKH & SINGH

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー