2019年06月04日

新作アルバム内の1曲「歌手」に込めた思いとは?

シンガーソングライターの宮沢和史さんをお迎えしています。

190603_Miyazawa_3.jpg

宮沢和史さんのソロアルバム
『留まらざること 川の如く』 が、  
5月22日に発売されました。アルバムには、
「歌手」というタイトル曲がありました。
これはいつ頃制作された?
宮沢さん「これは16年に歌手活動を引退しまして、
その数ヶ月後に歌詞を書いたんですね。
“歌手”というタイトルだけど、歌手じゃないって歌なんです。
歌手じゃないのでいろいろなものから解放されて、
プレッシャーを感じることなく、
これからは生きていけるという歌詞なんです。
自分自身も驚いたんですが、発表する機会がないのに、
なんで書いているんだろう… という…
詩人としての嵯峨というか、メロディーも付けやすい
文字数にもなっていたので、職業病というか…
日の目をみることはなかったはずなんですが、
今回アルバムを作ることなったので、
この曲も自分の偽らざる心境なので、
入れておこうということになりました。」

今夜の選曲:歌手 / 宮沢和史

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー