2018年12月04日

著書「旅する音楽~サックス奏者と音の経験」について

サックス奏者の仲野麻紀さんをお迎えしています。

181203_nakano_4.jpg

仲野さんの著書『旅する音楽―サックス奏者と音の経験』が
発売されています。これはどういった内容になっているのでしょう?
仲野さん「これもCDと結局同じなんですが、
今までいろんな音楽の場面に立ち会っただとか、
自分たちのやってきた演奏活動をまとめたものになりますね。
その中に、ブルキナファソのミュージシャンとの奮闘記が
あったりだとか、レバノンの日本人はまず行かない、
ヒズボラってところで演奏した話だとか、
はたまた福島の話だとか、伊勢志摩の御詠歌と
一緒に演奏した話だとか… 自分の経験が載っています。
音楽がある場所には、必ず生活があるということもわかったので、
パッケージ化されたコンサートホールで奏でられるものだけが
音楽じゃなくて、その人たちの生活の中から
立ち上げる音楽っていうのを文章にしてみました。」

今夜の選曲:ビンテルシャラビーア / 仲野 麻紀

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー