2015年03月11日

ミュージシャン/石井竜也さん

ミュージシャン、音楽プロデューサー、映画監督として活躍するマルチアーティスト。ご出身は、茨城県北茨城市。4年前の大震災と津波によって、ご実家が全壊する体験もありつつ、様々なカタチで、自らも復興支援の活動に携わっていられます。今日は、石井竜也さんからのメッセージを頂きました。

「震災から4年、北茨城市はですね、やっと港の工事が始まりまして、だいぶ進行状況もいいんですが、港としての機能は、漁師さんが漁をするという所までは至っていないという現状です。ですから、これから音楽を通して僕が何が出来るのかとか、それから僕が作れるだけのオブジェを作ったりして、自分のふるさとにも、そんなこんなで色々やってはいるんですけど、こないだ、薬師寺の執事である大谷徹奘さんとお話をした時、やっぱり気持ち、心、それから今一番大事なのが会話、そういうことだよということを言ってらっしゃって僕もなるほどなと思いました。やっぱり何か大きなことが起こった後というのは、最初の1年はとにかく生きるというその一心です。2年目に入って、出来るだけ自分の生きる場所を確保しようとし始めて、3年目になってやっと腰が落ち着いて、4年目に入ると、初めて悲しさ、悔しさ、色々なものが沸々と出てくる、そういう段階にあると思います。だから、東京からもみなさん行って、出来るだけ東北で色んなものを買ってあげたり、色んな話をしてみたりということは凄く支援になると思います。ここからがやっぱり気持ちの支援じゃないかなと思います。だから、歌を流すのであれば、今これからだと思いますね。ちょっと昔を思い出すような歌や、そういうのもいいんじゃないかなと。出来るだけ、東北に向けて僕も歌を作っていきたいなと考えています。」

石井竜也 Official

Heart to Heart STAFF| 16:06 | カテゴリー:Heart to Heart