2014年03月11日

BLUE FOR TOHOKUの活動


今回の取材では、気仙沼市の他に、福島県白河市にある児童養護施設、白河学園と、福島市にある児童養護施設、青葉学園に伺いました。

こうした被災地の児童養護施設を支援しているNPO法人BLUE FOR TOHOKUを今日はご紹介しました。

BLUE FOR TOHOKUでは、年に一度、児童養護施設などで暮らす子どもたちを東京に招き、思い出を作ってもらう活動もしています。

BLUE FOR TOHOKU


彼らの活動は、小売店、レストラン、カフェ、飲食店のシールプロジェクト、物品支援、資金援助、チラシを置くことなど、様々な形で支援する事が出来ます。

小売業や外食業の方はシールプロジェクトに参加したり、製造をしている方は物品支援に参加したり、また個人では、シールプロジェクトに参加しているお店で買い物や飲食をすることによって、間接的に被災地を支援する事が出来ます。ぜひリンク先を御覧ください。

BLUE FOR TOHOKU|支援のしくみ
BLUE FOR TOHOKU|物品支援
BLUE FOR TOHOKU|資金援助
BLUE FOR TOHOKU|その他ご協力

20140311_guest3.jpg

NPO法人BLUE FOR TOHOKUから、椙原健さん、羽根郁美さんをスタジオにお迎えしました。

Heart to Heart STAFF| 16:25 | カテゴリー:Heart to Heart