2013年03月11日

2013年3月11日 11:30〜16:30放送
J-WAVE HEART TO HEART 〜WE ARE ONE

jon2.jpg.jpg

震災から2年。3回目の3.11を迎えるこの日、J-WAVEは東日本大震災で失われた多くの命に哀悼をささげるとともにJ-WAVEの復興支援プロジェクトHeart to Heartの活動を通して出逢ってきた人達と一緒にこの2年間をふりかえりながら「今」を伝えていきます。
これまで復興に向けて活動を続けてきた人々や、未来へ向けて進む方々にお話を伺いながら、東北に芽生え始めた新しい息吹を伝えていきます。

ナビゲーターはジョン・カビラ。そして福島からサッシャ、宮城からレイチェル・チャンがレポート。

リスナーの皆さんは、どんな気持ちでこの日を迎えているでしょう。
メッセージもお待ちしています。東北と、そして皆さんと繋がる5時間です。

*HEART TO HEART MESSAGE
J-WAVE が毎月発行している小冊子、TIME TABLEでは、毎月ひとりのナビゲーターが被災地を訪ね、現地の皆さんにお話を伺っています。番組では、今ひとたび、その皆さんと繋がりたいと思います。今のお話を伺います。
nico×東北ライブハウス大作戦
宮本絢子×桜ライン311
浦浜アリサ×Light Up Nippon

*MESSAGE FROM TOHOKU
J-WAVE平日夜の番組JAM THE WORLDでは、東北の皆さん、そして東北をバックアップする活動をしている方々にお話を伺っています。2年の間に、私達を取り巻く環境も変化しました。皆さんの活動や、想いも変化していると思います。この番組では、JAM THE WORLDにご出演頂いた方に、その後の活動、そして今の想いを伺っています。
トレーラーハウス El Faro 佐々木里子さん
スパリゾートハワイアンズ ダンシングチーム工藤むつみさん
一般社団法人 キッズメディアステーション 太田倫子さん
手のひらに太陽の家プロジェクト 細木典子さん
防災ラジオの株式会社CSR 中澤矩長さん

*MESSAGE FROM ARTISTS
HEART TO HEARTプロジェクトで一緒に活動してくれたアーティストの皆さんからの今のメッセージ。
小曽根真さん
石井竜也さん
Monkey Majikの皆さん
Rakeさん

*RADIO FRIENDS〜つながるラジオ〜 (15:00-15:50)
首都圏のラジオ局、ナビゲーター/パーソナリティー/DJ、そして番組制作スタッフが、放送局の垣根を超えてメッセージを発信しているプロジェクトRADIO FRIENDS〜つながるラジオ〜
被災地で地域に密着した放送をしているコミュニティFM、臨時災害放送局を応援するプロジェクトです。
15:00-15:50は、現在JFNで活躍していうるトムセン陽子さんを迎えてお送りします。

みなさんからもメッセージもお寄せください
いま、この日(3月11日)思い浮かぶことは、どんなことですか?
この2年の間に繋がってきた皆さん、そして今日番組を聴いて下さっている皆さんと、今一度繋がりながら、今、そして未来へ向けての想いを、新たにしてゆきたいと思います。
311@j-wave.co.jp まで。

311_photo.jpg
ジョン・カビラが追悼の思いと、未来への願いを込めてお送りします。
16時30分まで繋がってください。



【サッシャ from 福島】


スクリーンショット(2013-03-11 13.35.25).png

サッシャが取材に向かったのは福島。

スクリーンショット(2013-03-11 13.37.10).png

ラジオ福島の深野健司アナウンサーにお話をお聴きしました。

スクリーンショット(2013-03-11 13.46.53).png

地震が起きた、まさにその瞬間にラジオで生放送をしていました。

スクリーンショット(2013-03-11 13.48.42).png

スクリーンショット(2013-03-11 13.50.30).png

スクリーンショット(2013-03-11 13.53.36).png

そして、郡山の仮設住宅でキャンドルジュンさんらが開いた
「Love for Nippon」のイベントが行なわれました。

スクリーンショット(2013-03-11 14.41.38).png

スクリーンショット(2013-03-11 14.38.09).png

スクリーンショット(2013-03-11 14.38.46).png

BRAHMANのTOSHI-LOWさんのバンド
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
のライブを見て、お話を伺いました。

スクリーンショット(2013-03-11 14.42.53).png


【レイチェル from 石巻】


レイチェルが向かったのは宮城県の石巻


元渡波小学校避難所館長の高橋誠さんに
お話を伺いました。

takahashi_02.jpg>

ご自身も家族の方と離れてしまい、
身内を探される方の気持ちが分かる高橋さん。
避難所でまず始めたのは、一緒になって人を探すこと。
その後、避難所に運ばれてくる物資を
中心となって声を張って動かれていました。

助かった自分を責めてしまう気持ちもあり、
何かせずにはいられなかったということもあったそうです。

“その人がその人らしく”暮らせる日が早く来てほしい
と話してくださいました。

takahashi_01.jpg


そして、木の屋の松友倫人さんからも
お話を伺うことができました。

kinoya_02.jpg


木の屋さんは今年の春、
新しい工場が2つ、完成するそうです。

「今までも大変でしたが、これからがようやくスタート」
という松友さん。

もともと200種類もの魚が獲れる地域だということで
これから、もっともっとたくさんの美味しい魚を
全国のみなさんに知っていただけるようなものを
作っていきたいとおっしゃっていました。

kinoya_01.jpg



【RADIO FRIENDS〜つながるラジオ〜】


RADIO FRIENDS〜つながるラジオ〜は、 
首都圏のラジオ局が垣根を越えて一緒に放送をすることで、
コミュニティFM局や臨時災害放送局を応援するメッセージを発信しよう、
というプロジェクト。

一昨年9月にスタートして、首都圏のラジオ局
bay-fm、TOKYO FM、FM NACK5、
FM YOKOHMA、INTER FM、そしてJ-WAVEと、
リレー方式でつなぎながら放送しています。

今日はJ-WAVEからジョン・カビラと、
JFNからトムセン陽子さんでお届けしました。

RF.JPG

「私たちは、被災地を忘れていません」
首都圏に住む私たちが、
そうメッセージを発信し続けることが大切なんですね。



これまでJ-WAVEと一緒に
HEART TO HEART の活動をしてきた
株式会社ウインローダー 代表取締役社長
眦萍運里気鵑鬟殴好箸砲迎えしました。

takashima_01.JPG


ウインローダーはJ-WAVEがHEART TO HEART PROJECTを
立ち上げた時から一緒に活動していただきました。

1万人もの方からご協力頂いた、被災地に届ける物資。
届けられた物資をウインローダーの倉庫で
リスナーの皆さんから募ったボランティアスタッフ750人で仕分けました。

2年経った今でも、チャリティーイベントは続いています。
今週末の3月16日土曜日と17日日曜日。
昭島市にあるウインローダー/エコランドで、チャリティーイベント
「つなげる、ココロ。〜今を知る、未来へつなぐ。〜」が開催されます。

被災地までは、なかなか足を運ぶことができない
という首都圏のみなさんも、ぜひご参加いただければと思います。

詳しくは高嶋さんのブログをご覧ください。

takashima_02.JPG

株式会社ウインローダーのHPはこちら



今日、この時間。
つながってくれた皆さんに心から感謝します。


Heart to Heart STAFF| 10:38 | カテゴリー:Heart to Heart


バックナンバー

カテゴリー