2014年10月09日

クイズ!カメオネア〜ジョンレノンバースデーSP〜

こんにちは!亀田誠治です。
BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、
どんな秘密があるのか?
毎日、レコーディングやライブで
音楽に接している、僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリー。
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか? 
僕と一緒に探っていきましょう!


第495回目のテーマは…

クイズ!カメオネア〜ジョンレノンバースデーSP〜

====================

ようこそ「クイズカメオネア」へ!
月に1度の恒例企画、本日10月9日は
ジョンレノンの生誕日ということで、
「ジョンレノン」の人柄を知ることができる
クイズを出題します!タメになるぜよ!

クイズは3択です!
では、準備は良いですか??
早速、一問目いきますよ!

「クイズカメオネア〜ジョンレノンバースデーSP〜」
スタート!!!!!!

-----------------------

1965年6月11日に、
ビートルズは外貨獲得に大きく貢献したという理由で
国から、MBE勲章が授与されました。
いちロックバンドに勲章が与えられるのは
当時としてはビッグニュース!

しかし、その4年後の1969年に
ジョンはイギリスのナイジェリアへの干渉へ抗議し
〜イギリスが戦争に加担することに反対して〜
MBE勲章を返還します。
「いりません!」って返しちゃった。

その時、ジョンが書いた手紙に
今、言った「戦争への反対」に加え、
もう一つ理由が書いてあるのですが、
果たしてその理由とは何でしょうか?


A アメリカに永住すると決めたから

B ビートルズのメンバーが最近仲良くないから

C 自分の曲の売り上げがよくないから

さて正解はどれでしょうか??

ファイナルアンサー?

正解は C 自分の曲の売り上げがよくないから


これはいかにもジョンらしいジョークですね。
女王へ向けての手紙の中で
「英国のナイジェリアでの戦争への関与やベトナム戦争への支持、
そしてヒットチャートで自作曲
「コールド・ターキー」が
順位を下げていることに対して抗議する」、
とイギリス人らしい、ユーモアを交えて、
勲章の返還の理由を説明しています
こういうことやるのがいかにもジョンらしいエピソードです。

-----------------------

さあ、続いてはジョンのこの曲についての問題です。
1971年に発表されたジョンの代表曲「IMAGINE」。
この曲が出来上がった時にあまりの出来の良さに周りの人間に
その喜びを爆発させたそうです。
その時に言ったジョンの言葉とは次のうちのどれになるでしょう?

A. 「ALL NEED IS LOVE」を越える名曲が作れた!

B. 「YESTERDAY」に並ぶ名曲が作れた!

C.  「STAND BY ME」に劣らない名曲だ!

さあ、どれでしょうか?
ちなみに「ALL NEED IS LOVE」は
ビートルズ時代のジョンの曲。
「YESTERDAY」はポール、
「STAND BY ME」は
BEN E KINGの曲ですね。

ファイナルアンサー?

正解は…B. 「YESTERUDAY」に並ぶ名曲が作れた!

「IMAGINE」が出来た時、
ジョンは、友人でジャーナリスト・ラジオDJのハワード・スミスに
"ようやく、Yesterdayと同じくらいいいメロディーの曲が作れたよ"と言ったそうです。

ジョンにとって、最大のパートナーであり、ライバルであったポールマッカートニー。
でも、ポールの作る曲の中でも「YESTERDAY」に関して、
ジョンは、どんなインタビューでも「名曲」と絶賛。
ポールを痛烈に批判した「HOW DO YOU SLEEP」の歌詞にも、
「お前の傑作は『イエスタデイ』だけだ。と出て来ますが、
批判しつつも「Yesterday」については認めているんですね。
ポールに対する想いはやはり、別格で、
ビートルズのレコードは手放しても
ポールのソロとウイングスのレコードは必ず揃えていて、

ジョンは、主夫生活から復帰する際も
ポールの「COMING UP」を聴いたことが、きっかけの一つと言われています。

では、今日は、あらためてこの名曲を聴いてみましょう!
1971年アポロ・シアター でのLIVEです。

M. Imagine(LIVE) / John Lenon

20141009_kameda.jpg

-----------------------

さて、最後の問題です。

子供の頃のジョンにとってのロックスター!
「エルヴィスプレスリー」。
"エルヴィス以前は、何もなかった"
という名言が残っている程、
子供の頃からエルヴィスを
リスペクトしていたジョンレノン。
次のうちから、そんなエルヴィスの
「モノマネ」をして歌っている曲はどれになるでしょうか?

A GOD

B GIVE PIACE CHANCE

C (JUST LIKE )STARTING OVER

ファイナルアンサー?

正解は C (JUST LIKE )STARTING OVER

「it's been too long since  we took the time No-one's to
blame i know time lies so quickly」

この部分ですね。たしかに!エルヴィス風!
しかもちょっとふざけた感じで唄っていますね。
ジョンはこの曲について「15歳の頃に戻れる曲だ。
僕のルーツ、ラジオで聴いたアメリカの音楽だ。」と語っています。
復帰作のアルバムの一曲目で
本気か冗談か分からないようなことをやるのは
いかにもジョンっぽい(?)ですよね。

ジョンが生きていたら…今日で74歳。
天国から、今の世界の様子を
どんな気持ちで観ているのでしょうか?
でも、大丈夫!ジョンが伝えてくれた愛の熱量は、
何年たっても色あせることはありません!

今日は「クイズカメオネア〜ジョンレノンバースデーSP〜」!
お届けしました!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど
最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 17:48 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA