2014年04月15日

亀田のライブマナー講座〜こんなファンはちょっと嫌よっ

こんにちは!亀田誠治です。
「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。

この番組は、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されているのには、一体どんな秘密があるのか?
毎日レコーディングやライブで音楽に接している、
僕、亀田誠治が解き明かそう! 
そんな番組です。
普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリーは、
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか? 
僕と一緒に探っていきましょう!

第400回目のテーマは…

亀田のライブマナー講座〜こんなファンはちょっと嫌よっ

====================

春になって外もすがすがしくなって、
皆さ〜ん!ライブ楽しんでいますか?
これから夏に向かってまさにライブの季節!!
さあ、本日は、「ライブマナー講座」と題して、
ライブ会場での正しいマナーについて一緒に考えていきましょう。

まずは、こんなファンはちょっと嫌だ!
マナー違反にまつわる伝説のエピソードから!

「おいおい、そこの君!ステージに上がっちゃダメだよー!」

これジミ・ヘンドリクスのライブでの出来事。
ライブ中に興奮してしまったファンがステージ上がってしまい
何と、ジミヘンの髪を切っちゃうという事態に発展!

先日の来日公演の記憶も新しい
ローリング・ストーンズのキースは、
81年の全米ツアー中、アンコールの「Satisfaction」で、
ステージに上がってきたファンを
ギターでぶん殴ってしまったんだとか!?
これって正当防衛!?おいおい、キース!それはやり過ぎだ!

という感じで、ステージにファンが上がってしまうというエピソード、
古今東西、結構あるんですね。
ちなみに、テイラー・スウィフトは、そんな事態に動じず、
ステージに上がったファンと笑顔で握手したとか。
ファンの暴挙が握手会に!?さすが、テイラースイフトちゃん!
無敵、いや素敵ですね!

====================

古今東西、興奮したファンが
ステージ上に上がってしまうのはよくあること。
普段は、音楽の中でしか見えない、

憧れのアーティストが目の前にいることによって、ファンの人は
現実と非現実の境目がわからなくなってしまうんですね。

たしかにライブは浮世離れの空間です。
でも、ステージに上がるのは、やっぱりマナー違反ですよね!

さてさて、伝説エピソードはさておき…
ライブは、アーティストとお客さんが同じ時間を自由にシェアする空間!
でも、自由だからといって何でもやっていいというわけではありません!
一人一人がマナーを守るからこそ、
自由で楽しい空間が生まれるんですよ。

例えば…

【 1 】
携帯電話の電源は切るか、必ずマナーモードに!
バラードの途中でピピピとなってしまったら…残念!冷めますよね。
ライブ会場の楽器や音響は、
ワイヤレスシステムなどのデジタル機器によって運営管理されています。
そう、飛行機の離着陸時の時と同じ状態なんですね。
最近では、音響システムの方も改良されて、
その危険性は少なくなってきてはいますが、
できればデジタル機器の電源はOFFにしたいもの!
ていうか!

せっかく、浮世離れに来てるのに、
携帯で外とつながらなくてもいいじゃん!(逆ギレ)

----------------------

【 2 】
ひとつ目と矛盾するんですが、最近ではスマホや、カメラ、
IPadなどで撮影OKのライブも増えてきています。
特に欧米では規制なしが当たり前。
でも、許可はされていても、
あまりカメラをあまり高く掲げちゃうと、
後ろの人に迷惑になるよ!

そして、大切なのは、カメラの中の世界ではなく、
そこには目の前に繰り広げられる
生身のアーティストのパフォーマンスがあります。
そんな一期一会の一瞬、一瞬を楽しみに来ている人がいます!

データではなく、
記憶にしっかり焼き付けたい人もいることを忘れずにね!

----------------------

【 3 】
体調管理は気をつけてね
フェスでもライブハウスでも、特にスタンディングの時は
絶対無理しないこと!

僕らステージ上から観ていても、
お客さんが倒れちゃったりすると切ないです。

----------------------

【 4 】
大きな会場の場合、終演後は順番に退場する。
ドームやアリーナの規制退場。
これはしっかり守りましょう。
それから、混雑を避けたい気持ちもわかりますが、
ラス曲前に帰ってしまう人、ステージからも見えてるよ。
アーティストからすれば残念よ。
「最後までみればいいのに」って思っちゃう!
ぼくらも、アンコールも最後の一曲迄、一生懸命やりますから!
ほら、映画でもエンドロールに、オチがあったりするじゃない!?

せっかくのライブ、
最後まで一緒に楽しもう!何があるかわからないよ!

----------------------

【 5 】
周りの人への気遣いが大切なマナーになります。
アイドルのコンサートではウチワは胸の前で振るでしょ。
あれって、いつから決まったんだんだろう。暗黙のルール。
素晴らしいマナーですよね!
ウチワやタオルを高く掲げちゃうと、
後ろの人が見えないですからね。
アイドルのコンサートではそこらへん、
しっかりとルールが出来ていますよね。
ロック系のコンサートの方が
マナーが悪かったりすることがあります。

====================

こうやって考えると、やっぱりマナーって大事
大好きなアーティストに自分の声援を届けたい!
盛り上がって日常を忘れたい!
でも、周りの人や他のファンのことを忘れて
無我夢中になってしまうと、
意外な迷惑になって、思わぬトラブルのもと。
もめちゃって雰囲気悪くなると、
自分自身が残念な気持ちでライブを見ることになりますし、
その周辺にいる人たちも、テンションさがりますから。
譲り合いの気持ち、大事よ!

つまりマナーって大切なアーティストの音楽を
シェアするということなんですね。

今日は、僕が12年前に、新宿リキッドルームで
Lisa Lobeのライブを見に行ったとき、
代表曲のギターイントロを演奏する前に、
すごく、間を大切にしていたリサに
日本人のお客さんが
「リサ、ハーリー・アップ〜!」って言って
会場が氷ついたというこの曲を聞いてください。

M. Stay / Lisa Loeb

20140414_LISA_LOEB_STAY.jpg

あの時のリサ、苦笑いしていた。
空気よめよ〜〜かけ声もほどほどにね!

ということで、
思い遣りの心でマナーを守り、
みんなでライブを素晴らしいものにしていきたいですよね。

====================

BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA
明日は、針を触れずにレコードの音を鳴らす!?
レーザーターンテーブルなるものに注目します。
お楽しみに!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:40 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA