2014年04月10日

なんでも答えます、音楽のギモン!

こんにちは! 亀田誠治です。
「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。
この番組は、人々に愛される曲、
メロディの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されているのには、
一体どんな秘密があるのか?
毎日レコーディングやライブで音楽に接している、
僕、亀田誠治が解き明かそう! 
そんな番組です。

第398回目のテーマは…

なんでも答えます、音楽のギモン!

====================

はい、今日は、普段皆さんからいただいている
「音楽のギモン」にお答えしていきましょう。

それでは、さっそく1通目から… 

【ラジオネーム:Gabrielaさん】----------------------

スウェーデンの音楽、音楽業界に関心があります。最近はAviciiのことをもっと知りたく、若干24歳の若さで一気にワールドワイドに広まった彼の力強さをわかりやすくご教授いただきたいです。Coolで病みつきになるサウンドが気になっています。

------------------------------------------------------------

Gabrielaさんのおっしゃる、
スウェーデンの音楽に、我々日本人が
病みつきになる理由をお答えしましょう!

ABBA、ACE OF BASE、カーディガンズ、Cloudberry Jam…etc. 
AVICIIの出身国であるスウェーデン発のアーティストは、
ロックやPOPというジャンルを越えて日本人と共有できる、
ついつい口ずさんでしまえる「歌謡性」があります。

どんな歌謡性かというと、スゥエーデンのPOPSには、
J-POPとよく似たマイナーメロディーの持つ
「わび・さび」があるんです。
この哀愁をおびたマイナーのメロディーこそが、
日本受けする大きな要因です。

マイナーメロディーの持つ、哀愁、情熱、孤独、エロス…
つまり「わび・さび」によって、
聞き手や演者の「魂」を揺らす力が、
日本人の好みに見事にマッチするのです。
実際、AVICIIのアルバム「トゥルー」に収録されている、
ボーカルトラックは、そのすべてがマイナーメロディーです。

さらに、たとえばABBAとカーディガンズといった、
ダンスポップとバンドサウンドが
常にシーンの中心にあるところも日本人好みです。
AVICIIも、EDMをベースにしているでしょ?
いろんなジャンルを、密かにミックスさせて
料理するのが上手なところも
日本人の国民性と似ているのでは?

さあ、今日きくのは、あの名プロデューサー
デイヴィッド・フォスターが
1年がかりで口説き落としたといわれている
スウェーデン出身の新人バンドです。
全員が王立音楽アカデミー出身の凄腕バンド!
哀愁メロディと胸キュンとEDMが、
見事にクロスオーバーするこの曲を聞きましょう。

M. Hit Me / Dirty Loops

20140410_Dirty_Loops.jpg

【ラジオネーム:茉莉さん】----------------------

プロデューサーさんに、秘書やアシスタントはつくのでしょうか?私は、金融関係で秘書をしていました。他の業種の裏側が気になって、メールしました。

------------------------------------------------------------


ざっくりとしているけど面白い質問です!

プロデューサーの多くは、
レコードメーカーや事務所の社長さんなどの
エグゼクティブプロデューサーを除くと
「秘書」と呼ばれる方をつけている職種は少ないと思います。
そのかわりに、僕などは、いわゆるマネージャーが、
スケジュール管理や連絡など秘書的な動きをしています。

金融関係で秘書をする茉莉さんの職場と、
音楽業界との大きな違いは、
僕らには毎日、仕事現場が変わっていくということです。
そう、会社という一定の場所で仕事をしていないんですね。
今日も、六本木ヒルズにあるJ-WAVEでFM KAMEDAやった後に
渋谷にあるレコーディングスタジオに入ります。
僕が現場に入って、レコーディングなどの
創作活動に集中している時に、僕の代わりに、
外と電話やメールなどで連絡をとってくれる人がいないと
他の仕事が止まってしまい、
スピーディーに仕事が進まなくなってしまいます。
この係が、マネージャーであったり、
秘書であったりするわけです。

それから、秘書マネージメントの方は時に、
仕事の防波堤になってくれます。
スケジュールやお金のことなど、
クリエイティブの対にある情報を
直接僕本人ではなく、いったん、
受け止め調整してくれる役割をしています。
でも、これ一歩間違えると、政治家の方の
「秘書にまかせてある」なんてことになりかねないですよね。

このように「敏腕秘書」「敏腕マネージャー」という方は、
知恵と心意気で、プロデューサーとアーティストの双方を
サポートしているのです。
つまり、仕事もデキて、人間もデキている!
それは、金融業界でも、音楽業界でも、必要とされる
スキルかも!

さて…この番組「BEHIND THE MELODY」では
ラジオの前のアナタから、
音楽に関するギモンを引き続きお待ちしています。
どんなに基本的なギモンでもOKです!
僕に聞きたいギモンは、この番組「BEHIND THE MELODY」の
ホームページから送ってください!

来週月曜日は、スーパーバンドTOTOの魅力に迫ります!
お楽しみに!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:21 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA