2014年04月21日

世界を舞台に活躍するアーティスト : VERBAL(PART 1)

こんにちは!亀田誠治です。
「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。

この番組は、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されているのには、
一体どんな秘密があるのか?
毎日レコーディングやライブで音楽に接している、
僕、亀田誠治が解き明かそう! 
そんな番組です。

普段何気なく聞いているアノ曲、
昔から耳にしていたヒット曲の知られざるストーリーは、
今の音楽シーンとどんなつながりがあるのか? 
僕と一緒に探っていきましょう!

第403回目のテーマは…

世界を舞台に活躍するアーティスト : VERBAL(PART 1)

====================

さて、今週の「BEAT PLANET」は、
海外でも活躍するアーティストにも注目…ということですが
「FM KAMEDA」にも強力なゲストをお迎えしました!

VERBAL:「どうもーお久しぶりです。」

亀田:「お久しぶりです。僕とVERBALさんは、昨年夏に行われたクインシー・ジョーンズの来日公演で共演した仲なんです。ところで、VERBALはカニエ・ウエストやファレル・ウィリアムスといった世界のトップアーティストとの交流があるじゃないですか?どうやって彼らとは連絡をとっているの?」

VERBAL:「ファレルとカニエの時はTERIYAKI BOYZの時なんですけど。音楽以外のファッションの面でチャンネルがあって、連絡を取るようになりました。彼らとのスタジオセッションで本当に勉強になったのが、日本のやり方ってあるじゃないですか?曲を準備してプリプロやってレコーディングして…。彼らの場合はHIP HOPなんでバイブス重視で、曲を少し聴いて『うん、うん、了解』って、いきないブース入って、『終わった。じゃ、ミックスしといて!』って。」

亀田:「あはは!それは凄い刺激になりますね。」

VERBAL:「カニエに『ペンとか必要なの?』って僕が言ったら、カニエが"要らないよ!"って言いながら、良いね!その言葉を歌詞にしよう!って…"VERBALが俺に言った"ペンとか必要なの?"(笑)。」

亀田:「瞬間がもう全部音楽というか、ミュージックライフになってるんだね。」

VERBAL:「彼はパリに住んでるんですが、彼のマンションに行くと、ラージがドカンッと置いてあって。」

亀田:「ラージってスピーカーのことね!」

VERBAL:「爆音なんですけど、曲をかけながらラップして、ちょうど『イーザス』というアルバムを作ってる時だったんですけど。凄く貴重な体験をさせてもらいました。」

亀田:「m-flo」は今何年目ですか?」

VERBAL:「もう15年目ですね。」

亀田:「常に日本のミュージックシーンで新しいものを発信してくれていて。続けるために2人はどんな努力をしているんですか?」

VERBAL:「そうですね、☆Takuも僕も共通して言えることが『飽きっぽい』(笑)。なので、常に新しいものを求めています。どこかに良い新人いないかとか。アンテナを張ってると情報が入ってくるんです。」

亀田:「それはどんな仕事にもどんな事にも大切なことかもしれないですね。」

VERBAL:「長年やっていると頭だけで出来ちゃう時があるじゃないですか。やっぱりハートで初めて『この曲最高!』と思った時のあの気持ちを保つために試行錯誤する訳じゃないですか。そことの戦いなので、毎回答えが出てきて…。だからやめられないんですけど。」

亀田:「クインシーの来日で一緒にやった時も、VERBALは凄く人からアイディアを引っ張り出すのが上手だなと思いました。テンポ感が良いの。」

VERBAL:「その時、BOAちゃんと三浦大知くんとセッションで、僕は唄う訳じゃないし、僕が3分間ラップする訳にもいかないし、どうしようかと悩んだんですけど。あの二人をメッシュするようなステージにしたら楽しいんじゃないかと提案して…。」

亀田:「あの時も新しいもの、自分で考えてゆく!っていうVERBALのアーティストとしての、しっかりしている所を見せてもらって、感激でした。」

VERBAL:「いやいや、もう大先輩に呼んで頂いて恐縮です。ありがとうございました。」

亀田:「そして、先月リリースになったm-floのアルバム『FUTURE IS WOW』。こちらには多くのゲスト・ミュージシャンが参加しています。今回の人選はどうやって決めたの?」

VERBAL:「その時々で違うんですけど、曲があって誰かに歌ってもらいたいとか。逆にこんな人がいるから曲を作ろうとか。今回は行き当たりばったりとか、タイミングが良いというのがあって。浜崎あゆみさんはプロデュースの依頼があって、"じゃあついでにm-floのアルバムで歌ってもらえませんか?"とか、タイミングはありましたね。」

亀田:「タイミングを凄く大事にしているよね。そして、そのタイミングを進化させてくれるよね。」

VERBAL:「そうですか?」

亀田:「うん、僕も一緒にステージ作ってる時に思ったし。自分が心開いてないとそのタイミングって見逃したりするじゃないですか?」

VERBAL:「そうですね、チャンスは貯金できないですからね。」

亀田:「ちょっと待って!これ名言きたよ。『チャンスは貯金できない』」

VERBAL:「喉から手が出るようなチャンスなんてなかなか来ないので、コレだ!と思ったらすぐに行動に移すようにしていますね。m-floでは…。」

亀田:「素晴らしいです。そんなVERBALが今思っている『この人はヤバい!』というアーティストは?」

VERBAL:「はい、今回アルバムに参加してもらった[Alexandros] (ex.[Champagne])の川上洋平くんですね。超カッコ良くて、☆Takuと一緒に聴いた瞬間、即オファーしました。」

M. FLY / m-flo + Yoohei Kawakami

m-flo_YooheiKawakami.jpg


亀田:「やっぱり曲を聴いてると最新型という感じがするね。」

VERBAL:「ありがとうございます。」

亀田:「明日もFM KAMEDA VERBALと一緒にお届けします。よろしくお願いします。」

VERBAL:「よろしくお願いします。」


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:25 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA