2013年09月25日

音楽職人 エルヴィス・コステロ

こんにちは! 亀田誠治です。
「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。

この番組は、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されているのには、一体どんな秘密があるのか?
毎日レコーディングやライブで音楽に接している、
僕、亀田誠治が解き明かそう!
そんな番組です。

第294回目のテーマは…

音楽職人 エルヴィス・コステロ

■BGM: WALK US UPTOWN

エルヴィス・コステロ。
皆さんは、この名前を聞いて、どんな音楽性が思い浮かぶでしょうか?

今、バックで流れている最新のヒット曲「ウォーク・アス・アップタウン」は、
なんと!あの生HIP HOPバンドのTHE ROOTSとの共作です。
この曲も入ったニューアルバム『ワイズ・アップ・ゴースト』が
本日発売になりました。
ちょっと意外な一面を見せていますね!

そして、この「いつもちょっと違った一面を見せてくれる」のがコステロ。
この、一筋縄ではいかないところが、
英国パンク紳士コステロのコステロたる所以なんです。

例えば、コステロは、12月に来日公演を行うことが決定しているのですが、
そのライブが、ちょっと変わっているんですよ!
ステージ上に曲名が書かれたルーレットが置かれていて、
お客さんの中から選ばれた当選者がルーレットを回し、
当たったその曲を演奏していく…というものだそうです。
「SPINNING WHEEL TOUR」というそうですよ。

インターネットがあるこの時代に、敢えて、ネット投票なんかしない!
この心意気。
まさに、ルーレットのようにくるくる変わるエルヴィス・コステロ。
音楽の七変化を駆け足で振り返ってみましょう。

1977年、UKロックの長老!ニック・ロウのプロデュースにより
デビューしたエルヴィス・コステロ。
その頃のコステロは、風貌も楽曲もパンキッシュなものが多く、
「怒れる若者」と評されたりもしました。
ポリスと並んで、当時のパンクロックブーム、
しかも、ちょっとIQ高めのパンクロックシーンを牽引していましたね。

しかしその頃から、音楽性は幅広くて、
もはや「パンク」ではくくれない!
「RADIO RADIO」、「OLIVER'S ARMY」のような楽曲では
抜群のポップセンスを発揮し、
また「ALISON」、「I WANNA BE LOVED」のような
切ないバラードも歌ってきました。

そして80年代終わりには、
ポール・マッカートニーとの共作「VERONICA」の大ヒットが生まれ、
マクマナスという名前でソングライター、プロデューサーとしても活躍!
さらに2000年以降は、ジャズ、R&B、さらにカントリーやバレエ音楽まで…
その音楽性はさらに広がっていきました。

こんな風に、常に作品を発信し続けるエルヴィス・コステロ。
アルバムリリースの一覧を見ても、デビューの1977年以来、
ほぼ毎年、間が空いても2年〜3年のインターバルで
アルバムをリリースしているんです。
精力的!
しかも、その中に「同じタイプ」の音楽性のものは全くないんですね。
よく「今度のコステロは昔に戻ったね!」なんて言われるんだけど、
僕に言わせると、全然戻ってな〜い!(笑)
毎度、新しいコステロになっています。
しかも、それは時代の先端ということではなく、
様々なジャンルの音楽のルーツにしっかりと向き合った、
新しいコステロアラカルトを作り出しているのです。

こんな風に、
ジャンルを問わず幅広い音楽性を表現することができるコステロは、
ずばり、音楽インテリですね!
ジャズからブルース、ロックからクラシック、映画音楽まで、
ありとあらゆる音楽を吸収している。
そして、吸収したものを吐き出すことによって、
また新しいことに挑戦していくんですね。

さあ、今日聞いていただくのは、
そんなコステロの幅の広さが味わえる名曲です。
映画『ノッティングヒルの恋人』から…

M. She / Elvis Costello

She - Elvis Costello

ロマンティックでいいですよね!
でも、この曲はカバー。
まるで自分の曲のようにモノにしていますよね。
ボーカリストとしても素晴らしい!

コステロは、音楽だけでなく、歴史から社会情勢にも精通しています。
僕の持っているDVDに『エルヴィス・コステロ ウィズ スペクタクル』という、
コステロがホストになって進行する音楽トーク番組があるんですけど、
そこでコステロは、
あのエルトン・ジョンから、トニー・ベネット、クリントン元大統領まで、
余裕しゃくしゃくにエスコート!!
軽妙なおしゃべりから、奥の深い音楽ルーツの話まで、
あらためてコステロのすごさを思い知らされます。
特にね、ポリスとのデビュー同期生の頃の裏話は興味津々ですよ!

そんなエルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズの
「SPINNING WHEEL TOUR」は、
12月11日(水)〜13日(金)、EXシアター 六本木で行われます!


さて、この番組「BEHIND THE MELODY」では
リスナーの皆さんから「音楽に関するギモン」をお待ちしています。
今さら聞けない、著名なアーティストについても、お話しますよ。
「音楽に関するギモン」は、この番組のサイトからお願いします。

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」。
明日は…あなたの音楽知識をチェック!
「クイズ・カメオネア」です!


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 14:46 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA