2012年09月20日

カンヌの音はひと味ちがう!!

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第95回目のテーマは…

「カンヌの音はひと味ちがう!!」

ドイツのベルリン、イタリアのヴェネツィアと並ぶ
世界三大映画祭の一つ、フランスのカンヌ国際映画祭。
現在は5月に開催されるカンヌ国際映画祭ですが
実は、第1回目は1946年の今日、
9月20日に開催されたんですって。

カンヌ国際映画祭は、日本映画とも関わりが深いですよね。
なんだか、日本人が身近に感じる映画祭だと思いません?
北野武監督や大島渚監督は、みなさんもご存知の代表格ですね。
(北野監督はヴェネツィアのイメージもあるけど?)
※実は最高賞のパルム・ドールも獲得しています。
 衣笠貞之助監督の「地獄門」/黒澤明監督の「影武者」
 今村昌平監督の「うなぎ」&「楢山節考」
 河瀬直美監督の「殯の森」は。グランプリを獲得!
 「殯の森」の、尾野真千子さん本当に素敵でした。
 ぼくは後の朝ドラ「カーネーション」で
 尾野真千子さんに出会い、今でも大切な友人です。

この様に、日本にゆかりの深いカンヌ国際映画祭。
今日のFM KAMEDAでは、
カンヌで賞を取った音楽の魅力をたっぷりとお伝えします!

【Un Homme Et Une Femme/Francis Lai 男と女より】
 フランス映画ですね〜
 セクシーで大人の色気を感じる音楽、
 フランシス・レイの甘いメロディがたまりません。
 1966年(第19回)、パルム・ドール受賞作品です。

【Here's To You/JOAN BAEZ 死刑台のメロディより】
 オルガンが印象的なナンバー。
 ヨーロピアンな陰影のあるメロディのがささります。
 1971年(第24回)、男優賞を獲得した、
 イタリアとフランスの合作映画です。

【Merry Christmas Mr.Lawrence/Ryuichi Sakamoto 戦場のメリークリスマスより】
 日本が世界にほこる坂本龍一さんの代表曲です。
 大島渚監督が手がけた、
 「戦場のメリークリスマス」は
 なんと日本、イギリス、オーストラリア、
 ニュージーランド合作なんですね。
 だからこそ、坂本さんの異国情緒たっぷりの、
 アジアを感じさせるメロディが際立っているんですね。
 1983年グランプリ最有力と言われていましたが、
 惜しくも受賞を逃してしまいます。

【I've Seen It All/Bjork with Thom Yorke ダンサー・イン・ザ・ダークより】
 2000年、パルム・ドール受賞作品!
 デンマークの映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。
 サウンドトラックは、なんとビヨークが担当しています。
 ちなみにビヨークはこの作品で女優賞も獲得!
 ほんとうに、息が詰まる、胸が締め付けられる映画でしたね。

こうやって並べて聴いてみるとカンヌ映画祭の音楽は、
たとえば、アメリカ・アカデミー賞の音楽とは
ひと味も、ふた味も違います。
いわゆる、ハリウッド的な、絢爛豪華な
セレブスターが歌う主題歌とは
まったく別の匂いを持っているんですね。
どこか一筋縄では行かない、陰影がある。

これはね、
アカデミー賞が映画芸術科学アカデミー会員、
つまり映画界の人の投票によって決まるのに対して、
カンヌ映画祭は映画界だけでなく、
著名な文化人の投票によって決まるんです。
だから、よりアーティスト、作り手側の目線を重視した
審査結果になっているんです。
ここにカンヌ映画祭の音楽の個性の秘密があるんですね。

選ばれる映画に深みがあると、
選ばれる音楽にも深みがあります。
僕は、カンヌ映画祭で選ばれる音楽には
我々日本人にも通じる、ワビサビのようなものがあると感じているのですが、
こんなところに理由があるのかもしれません。

さあ、今日僕がかけるのは、
僕が一年に一回、一生見続ける映画です!
こんなに切なく、美しい映画音楽を僕は知りません。
1989年(第42回)、グランプリ受賞作品、
日本でも大ヒットしたイタリア映画ですね。
(アカデミー外国語映画賞も受賞。)

M.   Nuovo Cinema Paradiso Theme/ Ennio Morricone      

41EbT5MfaqL._SL500_AA300_.jpg

エンニオ・モリコーネによる切ないこの曲。
もう、音楽だけで号泣もんですね。
次回のカンヌ国際映画祭は
2013年5月15日から開催されます。
来年も素晴らしい映画、そして音楽に出会えるんでしょうか?
楽しみです!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

世の中のベーシストの皆さんにスポットライトがあたる
素敵なお知らせです!

第1回亀田杯ベース選手権大会を開催します!
明日のベース界をしょって立つ
全国のスゴ腕ベーシストを集めたコンテストです。
僕、亀田誠治の愛ある審査基準により、グランプリを決定します!

グランプリを取ると
最終審査であなたがプレイした自由曲のベースラインを
僕がプロデュース!
そして、僕のオフィシャルホームページ「亀の恩返し」で配信します!!

審査は課題曲と自由曲の2段階。
詳細はWeb「亀の恩返し」をチェックしてくださいね。

課題曲の〆切は2012年9月24日(月)。
あなたのご自慢のプレーを僕に聴かせてください!
待ってます!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:30 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA