2012年09月18日

楽器の革命家たち

「BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA」…
古今東西、人々に愛される曲、
メロディーの裏にはいったいどんなストーリーがあるのか?
そして、その曲が愛されるのには、どんな秘密があるのか?
毎日音楽と向き合っている、亀田誠治が解き明かしていきます!

第93回目のテーマは…

「楽器の革命家たち」

9月18日は、天才ギタリスト【ジミ・ヘンドリックス】の命日です。

ワウやトレモロ、新しいエフェクターを積極的に導入し、
斬新でめくるめくギターサウンドを見せつけてくれた
ジミ・ヘンドリックスですが、最も知られているのは、
左利きのジミが、右利き用のギターを左右逆さまにして弾く姿。
あれ、かっこいいですよね。
その他にも、ジミヘンは、歯で弾いたり、背中で弾いたり、
挙句の果てに、ギター燃やしちゃったり…
まさに奇想天外、縦横無尽、ロックな人物でしたね!


こんな風に、既存の楽器を独自のアイディアと奏法でプレイすることによって
新しいサウンドを生み出したミュージシャンたち、
たとえば、こんな人たちがいます。

■VAN HALENのライトハンド奏法
はい!弾きまくっていますね。エディ・ヴァン・ヘイレン!
ギターのフレットの上を、
右手(ピックを持っている方の手)を使って叩きつける(ハンマリング・オン)のと、
ひっぱる(プリリング・オフ)を繰り返し、
速くて滑らかなフレーズをダイナミックに弾くのが
ライトハンド奏法です。
これ、見た目もカッコイイんだ! 
ハイ。「見た目重視の方向性」これ重要!

■ LARRY GRAHAM & GRAHAM CENTRAL STATIONのチョッパーベース
はい、いわゆる、ベースのスラップ奏法です。
弦を叩き付けるように弾くため、
70年代は、スラップのことをチョッパーと呼んでいました。
チョッパーの起源は、ドラムのいないファミリーバンドで
ラリーが、バスドラの代わりを親指でたたく(サムピング)
スネアの代わりを、人差し指で引っ張る(プル)
という奏法を思いついたというのが、始まりと言われています。
以降、このチョッパーベースはファンクベースの代名詞ですね。

■MIYAVIのスラップ&タッピング・ギター
日本が世界に誇る侍ギタリストMIYAVI。
彼が得意とするのがスラップを交えたタッピング奏法。
ギター一本でベースの役割までやっちゃうという
まさに二刀流のサムライ!
しかも、ベースアンプも、ギターアンプも鳴らしているので
ステージ上はド迫力!
僕は今、MIYAVIとアルバムを作っているので
身近でそのプレイを目撃していますが…イカします!
しかも、基本はラブ&ピース。
だから、テクニックがテクニックに聞こえない。
温度がググっとアガるんですね。

こんな風に、楽器を今までとは違った使い方で、かき鳴らし、
カッコいい音を出す「楽器の革命家たち」。

音を聞いた時のインパクトは絶大!
でも、その音をどんな風にして出しているのか? 
わかった時のインパクトはもっとスゴい!
音もすごい、見た目もすごい、
つまり、これらの奏法を目の当たりにした瞬間に
誰もが、彼らのプレイに恋に落ちるのです。

よく、「この奏法の起源(オリジネーター)は!?誰誰ではなく、誰誰だ!」
なんて、論争や都市伝説が生まれたりしますが、
僕が思うに、誰が始めたかは、重要ではなく
どれだけ、沢山の人の心を動かしたかどうか、がポイントだと思います。

そうでないと、革命的な奏法も、
ただの「テクニック」つまりただ「技術」になってしまう。
「技術」は人の心を動かし、役立ったときに
初めて、意味を持ちます。音楽はハートで奏でるもの。
アーティストのプレイは、もれなく、すべて、あついハート付きです。
今日は、そんな「革命的な名曲」を選んでみました。

M. More Than Words /  Extrem

MORE THAN WORDS.jpg

アコギの弾語り。
弦をたたく音、こすれる音、すべてを音楽にしてしまった、美しい曲です。
最後の最後にアコギのタッピングと、ネックを曲げる音に注目。
でも、大切なのは…メロディとハート!

素晴らしい楽曲、だから何度でも聴けるんですね。
たくさんの人に愛される。
エジソンの発明と同じ、発明は、長く愛され、使われないとね!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

世の中のベーシストの皆さんにスポットライトがあたる
素敵なお知らせです!

第1回亀田杯ベース選手権大会を開催します!
明日のベース界をしょって立つ
全国のスゴ腕ベーシストを集めたコンテストです。
僕、亀田誠治の愛ある審査基準により、グランプリを決定します!

グランプリを取ると
最終審査であなたがプレイした自由曲のベースラインを
僕がプロデュース!
そして、僕のオフィシャルホームページ「亀の恩返し」で配信します!!

審査は課題曲と自由曲の2段階。
詳細はWeb「亀の恩返し」をチェックしてくださいね。

課題曲の〆切は2012年9月24日(月)。
あなたのご自慢のプレーを僕に聴かせてください!
待ってます!

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

亀田誠治オフィシャルサイト『亀の恩返し』では、
動画やリリース情報などなど最新情報が載っていますので、ぜひチェックを!

STAFF| 13:32 | カテゴリー:BEHIND THE MELODY 〜FM KAMEDA