サイドウェイ 試写会レポート2005年02月28日

2005.02.22(tue) @新宿明治安田生命ホール
 
2/22日、J-WAVE PASS SPECIAL PREVIEW 映画「サイドウェイ」の試写会を行いました。 この作品は、本年度アカデミー賞の最有力作品と言われている作品で、前評価は◎。 応募も殺到し、当日運良く当選された方も良い席で見るため開場する前からとても長い列ができるほどでした。 18時20分開場。待ちわびたお客様は受付でパンフレットを手にし、良い席を確保するため足早にホールの中へ。入り口ロビーではご飯を食べる人、くつろぐ人、J-WAVE PASSのブースでJ-WAVEグッズを手に入れるひとなど、上映開始までしばし和やかな雰囲気。 そして19時上映開始。 映画自体は、開場全体が笑いにつつまれるほど面白く、時には考えさせられ、共感し、暖かい気持ちになり…と、前評判はウソではないなと感じました。ただひとつだけ残念だったのは、(個人的な話ですが)見た自分自身が若すぎたこと。35歳以上の方が見たら間違いなくハマるのではないか思います。 「ワインを愛するダメ男マイルスの人生は、ゆっくりゆっくり熟成されていく…」 この言葉の意味は見ればわかります。(これから見る人のために内容は語りません。) 是非、美味しいワインを用意してから映画を見に行ってみて下さい。 映画を見終わった後にのみたくなりますから。
 
written by KATO

 
STAFF| 15:00 | カテゴリー:

「ネバーランド」〜ネバーランドの見つけ方、教えてくれます2005年02月28日

「ピーターパン」というと結構な割合で女性は飛びつく題材なんじゃないだろうか。
ティンカーベルにフック船長に、そして永遠の少年ピーターパン。
ファンタジックで、楽しくて・・・
でもこの映画では、ジョニー・デップが空を飛ぶわけでもなく、
ケイト・ウィンスレットが超豊満なティンカーベルを演じるわけでもない。
この作品は、そのピーターパンの原作者、ジェームス・バリの物語。
ピーターパンの物語が生まれるきっかけとなった、バリと一つの家族との交流を描いている。
なので、空飛ぶオヤジや露出の多いナイスバディは出てきません。はい。

さて、ピーターパンというと、一般的には夢の世界を想像されるだろう。

STAFF| 15:00 | カテゴリー:

バックナンバー