?

2019年02月23日

BOOK STAND 情報メディア「ぴあ」の編集長、 岡政人さんが登場!

WEB本の雑誌とのコラボ企画『BOOK STAND』。

今週は情報メディア「ぴあ」の編集長、 岡政人さんが登場です。

アプリ版で昨年末に復活した「ぴあ」は以前のコンセプトを引き継いで、
コンサートや映画、演劇、展覧会などのイベントの開催情報を細かく紹介。
雑誌版と同じく及川正通さんのイラストが表紙になっています。

読者投稿コーナーの「はみだしYOUとPIA」や、
入場料金割引クーポン「マルぴ」といった人気コンテンツも復活。

今回BOOKSTANDでは、ぴあ編集長の岡さんが「東京とエンタメをテーマにした本」を3冊選んでくれました。
今夜はその2冊目です。


1つの街に文化を築いた男

今夜紹介する本は、「吉祥寺に育てられた映画館」という本で、本田 拓夫さんという吉祥寺で名物の映画館「バウスシアター」という2016年に閉館してしまった、個性的な映画館の館主の方を主人公にした本。
色々な個性的な作品や上映方法で有名になったバウスシアター。
特に有名になったのがロッキーホラーショーの上映。これは映画に独特のファン層がつき、上映中に物を投げたりクラッカーを鳴らしたりして、上映が終わると映画館の中がゴミだらけになったりした。
これは今の音楽映画で行ったりしている応援上映の元にもなっている。
そして本の中には本田さんのバウスシアター閉館の理由や次に繋がる若手への思いなども書かれています。

BOOK BAR staff| 22:24 | カテゴリー:BOOK STAND


バックナンバー

カテゴリー