?

2019年01月05日

小説フランス革命

新年1回目のテーマは、読みたい、読みたいと思っていながら、
なかなか手が出せなかった本を特集!
「積んどくは卒業!今年こそは読みます!」

大倉さんが紹介してくれたのは…こちら!

大倉セレクト

20190105 ookura.jpg
著:佐藤 賢一  集英社

『2019年にフランス革命を体験する』
フランス革命にはただならぬ憧れがある!と語った大倉さんが
2008年に購入した1冊。
当時この本は1刊目が出たばかりで毎回初版を買っていて、全て完結してから読もうと決めていたそうです。
そして2013年に全12刊で完結。過去に佐藤賢一さんの作品、オクシタニアとハンニバル戦争をBOOKBARで紹介し大倉さん大絶賛!
そんなこの1冊は、フランス革命の間の事だけが描かれている。
バスチーユ監獄の襲撃からロペスピエールが処刑されるまでに焦点が当てられています。

BOOK BAR staff| 22:40 | カテゴリー:BOOK INFO


バックナンバー

カテゴリー